スージー (sujiko) - Translations

over 6 years ago
Japan
Japanese English
Make an inquiry(free)
A listing of the public translations that were written by this user. This listing does not include the requests that have yet to be completed.
sujiko English to Japanese ★★★★☆ 4.0
Original Text

Prebound books are paperback books that require reinforcement for use in a library. Contemporary paperback books are bound with a cardboard or paper cover, and their pages are bound with glue instead of staples or stitches. Paperback books are cheaper to manufacture than hardcovers, but they are not as durable. Hardcover books require less reinforcement for use in libraries. Usually, a new dust cover can be added to the hardcover book to preserve it for frequent use by library patrons.

Library binding is the process by which prebound books are reinforced for use by patrons of a library or book-lending system. The pages of paperback prebound volumes are sewn in place where only glue held them together before.

Translation

事前に装丁された本はペーパーバックであり、これは図書館での使用のため補強が必要です。現代のペーパーバックはダンボールまたは紙製のカバーで、ページはホッチキスまたは針の代わりに糊で装丁されています。ペーパーバックはハードカバーより作成においてお金がかかりませんが、あまり丈夫ではありません。ハードカバーは図書館での使用目的においてあまり補強は必要ありません。通常、新しい埃よけのカバーがハードカバーに掛けられますが、これは図書館で利用者がハードカバーを頻繁に使用するからです。

図書館の装丁は、図書館の利用者または本の貸し出しシステムのために事前に装丁された本を補強するプロセスです。事前に装丁されたペーパーバックの各ページは1つに縫い合わされ、ここではそれ以前に糊のみでそれらのページが綴じ合わされます。

sujiko English to Japanese ★★★★☆ 4.0
Original Text

The spines of paperback books are also strengthened to prevent breakage and splitting. The primary purpose of library binding is to prolong the life of the paperback book as an intact volume. It also makes the book easy to open for reading and photocopying purposes.

Library binding is a process outsourced by libraries to binding companies. The most common method used to library-bind books is called oversewing. In oversewing, the cover of the paperback's spine is removed, leaving a bundle of loose pages. The pages are then separated into smaller bundles that can be sewn together easily, after which all of the bundled pages are sewn together using an overlock stitch.

Translation

ペーパーバックの書籍の背も破損や分離を避けるため強化されています。図書館の装丁の最たる目的は無傷でペーパーバックの寿命を延ばすことであり、さらに、読書やフォトコピーのため開き易くするためでもあります。

図書館の装丁は図書館から装丁会社へアウトソースによるプロセスです。この装丁に最も頻繁に使用される方法は縫いあわせです。この方法では、ペーパーバックの背のカバーが外され、ばらばらになったページが1つの塊となります。その後、これらのページが小さな塊に分離され、容易に縫い合わされます。これらの作業の後、纏められたページが縫い合わされ、その際、かがり縫いの針が使用されます。