Displayed are the past translation results requested in Conyac.
Conyac, the 24-hour crowdsourced translation service.

[Translation from English to Japanese ] Quipio is Instagram for Text Messaging. Developers share how they optimized f...

Original Texts
Quipio is Instagram for Text Messaging. Developers share how they optimized for a global audience since the beginning.

Quipio has launched its app for a global audience since day one, and highlights the importance of optimizing for different networks and environments.
Another app which recently came to our attention is Quipio, an app that provides an effortless way to share beautiful thoughts and moments with people. Jordan Crook of TechCrunch called the newly launched app Instagram for Text Messaging. The user experience is simple: Insert your message or personal quote. Apply pre set filters for the text or add a photo as the background. Share it with your social network. Done. It does all the work for you. Quipio sees growing traction

Founded by Zubin Wadia, Harshit Surana and Miles Egan, Quipio has garnered a total of 70,000+ downloads since its launch a little more than two weeks ago. From the downloads, co-founder Zubin shared with us that there has been more than 48,000 Quips created. An average user also spends more than 10 minutes per day on Quipio.

When asked about funding, Zubin told us that they are currently 100% bootstrapped and while the team wanted to raise capital, “no one was going to take them seriously for consumer web until they have significant traction.”

You can download the app for free from the iTunes App store. How Quipio optimized their app for a global audience since the beginning

Perhaps what is more interesting about Quipio is how the app has been optimized for a global audience from the beginning. There are a lot of apps out there which are designed with specific audiences in mind, and when it comes to a stage of expansion, they then go through costly design overhauls to internationalize/localize the experience and transliterate their apps for various audiences. Avoiding this, Zubin shared with e27 how Quipio is optimized for the global audience from the beginning. There are three ways:

1. Quipio is all about self-expression with scripture and photos, so the outputs from symbolic languages are actually more beautiful than just English or Latin languages. We went to significant lengths to support Chinese, Korean, Vietnamese, Arabic, Hindi, Japanese and other languages natively within the Quipio experience. One doesn’t have to be a native speaker/writer of English to enjoy Quipio.

Key Takeaway: Expression is inherently the output of one’s cultural experiences and history. It’s personal and thus the native language of your audience must be incorporated when possible. 2. Another measure we took was keeping the interface almost entirely symbolic. We strongly believe that a language-neutral interface allows a user to impose their own cultural perspective onto an action or intent, yet leaves the result of the action unchanged. It doesn’t matter whether the “<” icon is interpreted as “distribute” or “share” or “give”, what matters is that the user delivers their creation to followers, friends and family.

Key Takeaway: Let the user interpret the user experience in their context. Persuade without imposition or presumption. 3. Quipio was deliberately made bandwidth efficient so that users on 2.5 and 3G networks can still have an excellent experience. When you create a textual Quip, you are only sending a few kilobytes over your cellular connection. Your friends on Quipio see a very beautiful output but that’s because Quipio reuses common fonts, backgrounds and highlight colors. Once the application knows what it needs to render, it does it in real-time. No 500KB transfers required! The result is a fast and fluid experience regardless of cellular bandwidth.

Key Takeaway: Don’t assume that cellular networks are identical globally. Account for bandwidth-challenged environments and optimize for them.
zhizi Translated by zhizi
Quipioは「メッセージ用Instagram」:最初からグローバルユーザーを視野にいれてアプリを最適化

Quipioはローンチ初日からグローバルユーザー向けのアプリをリリースし、異なるネットワークや環境に合わせた最適化の重要性を強調。

最近、私達の目を引いたもう1つのアプリはQuipio。これは、素晴らしい思いつきや瞬間を簡単に仲間とシェアすることのできるアプリだ。TechCrunchのJordan Crook氏はこの新しくローンチされたアプリを「メッセージ用のInstagram」と称した。ユーザーエクスペリエンスはシンプルだ:メッセージもしくは個人的な引用句を入力する。文章にあらかじめ設定されているフィルタをかけるか、もしくは背景に写真を貼り付ける。その後、利用しているソーシャルネットワークでシェアをするだけ。完了。アプリがすべての作業をやってくれる。
Quipioのトラクションが上昇中

Quipioは、Zubin Wadia氏、Harshit Surana氏、Miles Egan氏によって設立され、2週間ちょっと前のローンチ以来、7万回のダウンロード数を獲得している。それらのダウンロードで、47,000個のQuip(名言)が作られていると共同設立者のWadia氏は語った。平均的なユーザーは1日に10分以上、Quipioを利用している。

資金について尋ねると、今のところ100%自己出資で、資金を調達したかったが、「大きなトラクションを得るまでは、誰も彼らのサービスをコンシューマーウェブとして真剣に扱おうとしなかった」と同氏は答えた。

同アプリ(無料)のダウンロードはiTunes App Storeで。 Quipioはどのようにして最初からグローバルユーザーのためにアプリを最適化したのか?

Quipioに関するさらに興味深いことは、同アプリがどのようにして最初からグローバルユーザーのために最適化されたかということだろう。世の中には特定のユーザーを思い描いてデザインされているアプリがたくさんある。それらは、サービス拡大の段階になった時初めて、そのユーザーエクスペリエンスをグローバル化/ローカライズし、様々なユーザーのためにアプリを字訳することに、多額の費用を費やしてデザインの修正を行う。これを避けるために、Quipioは最初からグローバルユーザーを視野にいれた最適化を行ったのだが、Wadia氏がそのプロセスをe27に語ってくれた。 それには3つの方法がある。

1.Quipioは言葉と写真で自分を表現するアプリなので、記号言語を用いた文は実際には単なる英語やラテン語で作った文よりも美しく見えます。私達は、Quipioのエクスペリエンス内で最初から中国語、韓国語、ベトナム語、アラビア語、ヒンディー語、日本語、その他の言語をサポートするために、大量の文字列を扱いました。ですから、英語が母国語でなくても、Quipioを楽しむことができます。

重要ポイント:本来、表現は文化的経験や歴史の所産で、個人的なものなので、可能な時はユーザーの母国語を取り入れるべき。 2.私達が行った別の手法は、インターフェースのほぼ全体に記号言語を用いることです。言語的に中立なインターフェースであっても、ユーザーはそれぞれの文化的観点を行動や意図に盛り込むことができるし、しかもその伝達結果は変わらないと確信しています。「<」というアイコンが「配信」もしくは「共有」あるいは「提供」など、どのように解釈されるかは重要なことではありません。重要なのは、ユーザーがそれぞれの作品を、同僚や、友人、そして家族に発信することなのです。

重要ポイント:文脈の意味はユーザーに解釈させる。押し付けがましい言動や推測なしで説得をさせる。 3.Quipioは意図的に帯域幅効率を良くしています。ですから、ユーザーの利用するネットワークの帯域幅が2.5Gでも、もしくは3Gでも、ユーザーは素晴らしいユーザーエクスペリアンスを持つことができます。例えば、文書のQuipを作った時は、携帯電話の回線を通じて数キロバイトのメッセージを送っているにすぎず、Quipioの友人は非常にきれいな作品を見ることができます。それは、Quipioが一般的なフォント、背景、ハイライトの色を再利用しているからです。アプリがどのような修正が必要かを認識すれば、リアルタイムでそれを行います。500キロバイトもあるようなデータの送信はありません!ですから、携帯電話の帯域幅に関係なく、早くて流れるようなユーザーエクスペリエンスを楽しめます。

重要ポイント:携帯電話の帯域幅が世界中同じだと思わないで。帯域幅が問題となる環境を考慮し、最適化しよう。

Result of translation in Conyac

Number of characters of requests:
3769

Translation Language
English=>Japanese

Translation fee
$84.81

Translation time
about 10 hours

Freelancer
Senior

Conyac translation costs USD$0.015 ~ per 1 character.
For translations into English, Japanese, Chinese, and 66 other languages we have 122,000 translators ready to handle your request.
Just three steps until your request is complete!! (approx. 3 mins.)