Translation Results Requested Through Conyac Made Public

[Translation from English to Japanese ] Google reportedly acquired the most European tech companies in 2014 In a new...

Original Texts
Google reportedly acquired the most European tech companies in 2014

In a new report examining startup exits, Tech.eu found that Google acquired the most European companies in 2014, a shopping spree that comes amid mounting regulatory scrutiny of the Silicon Valley giant.

According to the analysis by the European technology blog released today, Google acquired eight European tech companies last year. The more notable deals included paying about $390 million for DeepMind, and snapping up drawElements of Finland. Google was followed by Microsoft, Russia’s Yandex, and Facebook. In general, U.S. companies represented 37 percent of all acquisitions of European tech firms.

Of course, while Google may be finding Europe’s startup scene more attractive for acquisitions, it’s also continuing to fend off a wide range of probes involving taxes, privacy, and user data. Earlier this month, the European Commission formally accused Google of antitrust violations and opened a second probe into whether Android was breaking antitrust rules. As part of the analysis, Tech.eu analyzed 358 exits of European tech companies. While the majority of those deals were so small that the value was not disclosed, Tech.eu found that 125 deals were worth a total of $90 billion.

Other interesting takeaways from the report:

・Enterprise SaaS was the leading category for companies that had some kind of exit.
・Only about 40 percent of companies with an exit were B2C.
・Germany had the most exits, but the UK had larger ones.
yakuok Translated by yakuok
2014年にヨーロッパのテク企業を最も多く買収したのはGoogleとの報道

スタートアップのイグジットを分析している新たな報告の中で、Tech.euはGoogleが2014年に最も多くのヨーロッパのテク企業を買収していたことをつかんだ。厳重になりつつある規制監視下にシリコンバレーの同大手企業が置かれる中、これら多くの買収は行われた。

本日ヨーロッパのテクノロジー系ブログによって公表された分析内容によると、Googleは昨年ヨーロッパのテク企業8社を買収したという。それよりも目立った取引としては、3億9000万米ドルでのDeepMind買収と、フィンランドのdrawElementsの買収が含まれる。
Googleの後には、Microsoft、ロシアのYandex、そしてFacebookが続いた。全般的に見ると、ヨーロッパのテク企業の買収の37%が米国の企業によるものだった。

もちろんGoogleは買収の可能性という意味でヨーロッパのスタートアップ市場を非常に魅力的な市場ととらえているが、同社は税金、プライバシー、そしてユーザデータに関する多くの問題を回避し続けていっている。今月初め、欧州委員会はGoogleを反トラスト法違反の疑いがあるとして公式に非難し、Androidが反トラスト法に違反しているかどうかの2度目の検証を開始した。
分析内容の一部として、Tech.euはヨーロッパのテク企業による358件のイグジットを確認している。そららの取引の多くは規模が大変小さいため取引額は明示されていないが、Tech.euはうち125件の取引は合計900億米ドルの価値があることが分かったとしている。

他にも同報告内で以下のような興味深い情報が取り上げられている。

・何らかの形でイグジットを成功させた企業のカテゴリで最も多かったのはエンタープライズSaaSだった。
・イグジットを成功させた企業のうちわずか40%がB2C企業であった。
・ドイツは最も多くのイグジットを成功させたが、より規模の大きいイグジットを成功させたのはイギリスだった。
Contact

Result of Translation in Conyac

Number of Characters of Requests:
1498letters
Translation Language
English → Japanese
Translation Fee
$33.705
Translation Time
about 6 hours
Freelancer
yakuok yakuok
Senior
・日英・英日翻訳・通訳。
・海外の国際校で教育を受け、イギリス英語・アメリカ英語両方を習得。
・35年に渡り海外在住、現在は日本在住。翻訳者/通訳者と...
Contact