Conyacで過去依頼された翻訳結果を表示しています。
24時間対応のクラウド翻訳サービスConyac

[日本語から英語への翻訳依頼] ①気候変動は、人類及び地球にとって緊急かつ取り返しのつかない脅威。パリ協定の枠組みのもと、世界中の国々が解決に向けて取り組んでいる。全球を均一に観測するこ...

翻訳依頼文
①気候変動は、人類及び地球にとって緊急かつ取り返しのつかない脅威。パリ協定の枠組みのもと、世界中の国々が解決に向けて取り組んでいる。全球を均一に観測することができる衛星観測は、気候変動のメカニズムの理解や政策上の意思決定に必要な科学的根拠を提供するための役割を担っている。E社とJ社は、より正確な温室効果ガス(GHG)排出量の把握のために協力を進めており、将来予測の不確実性低減のために、「EC衛星」の共同開発に取り組んでいる。先月京都において、IPCCの第49回総会が行われた。 ②IPCCは、パリ協定の実施にあたり、各締約国の活動や報告の透明性を高めるため、各国の温室効果ガス(GHG)排出量算出方法を規定した改良ガイドラインを議論してきた。改良ガイドラインでは、各国の排出量インベントリの比較手段として、衛星観測の有効性が新たに記載され、京都で採択された。これは、宇宙機関や研究機関が協力して示してきた、衛星による温室効果ガス観測の科学的・技術的進展が認められたことによるもの。この場を借りて、皆さんのご協力に謝意を表したい。 ③衛星観測データが世界中のインベントリ関係者や気候変動の政策関係者に用いられることを目指し、J社は、E社をはじめ、C社やD社との間で、プロダクトの精度の向上と、異なる衛星間でのプロダクトの均質化を図る取り組みを推進している。「EC衛星」は気候変動における将来の予測において、不確実性が高いとされる高層大気の雲及びエアロゾルを監視するもの。「EC衛星」の観測データは、将来の予測の精度を高める上で不可欠なものである。J社はCPRを開発している。 ④CPRは、ドップラーレーダ技術を用いて、雲やエアロゾルの鉛直分布や動きを測定する世界初の衛星センサである。CPRの開発においては、現在技術上の課題に直面しているが、E社から全面的な支援を得るとともに、J社はコントラクタと一丸となって解決に向けて取り組んでいる。この課題を乗り越え、気候変動予測の前進に不可欠な観測を実現させるためにも、引き続き緊密に連携してまいりたい。J社は、「JS衛星」以降、25年以上にわたり、「LS技術」の開発・運用の経験を蓄積してきた。 ⑤その間、災害、海洋監視、森林・農業等の分野での利用を通じて、「LS技術」が、さまざまな社会課題の解決に、有用であることを示してきた。J社は「ALシリーズ」のLSによる全球観測を継続し、世界中で利用されることによって、SDGsをはじめとする世界規模の様々な課題解決への貢献を継続する。過去にはE社との間で、「JS衛星」や「AL衛星」ミッションの際に、データ交換や直接受信の協力を行ってきた。E社は欧州でのデータ利用の推進において、重要なパートナーであると認識。 ⑥現在、極域の海氷キャンペーンでの「AL衛星」データと欧州の「SN衛星」の同時利用をはじめとし、森林、土地利用等の分野の科学利用に双方の関心が表明されているところ。J社としては、「AL2衛星」データの利用が欧州内で推進されるよう、E社と協力していきたい。「AL2衛星」でのデータ利用協力を通じて、欧州におけるLSデータの利用が更に進み、将来の「AS4衛星」の直接受信の協力に向け、検討が前向きに進むことを期待。
tomoki_w tomoki_wさんによる翻訳 kamitoki kamitokiさんによる翻訳
Climate change is the imminent and irrevocable threat for all the human beings and the earth. Under the framework of the Paris Accord, nation states all over the world attempt to solve the issue. Satellites, which can observe all of the planet equally, play a role in providing scientific evidences which is essential for understandings of the mechanism of climate change and political decision making. Company E and J is cooperating each other for understandings of exact amount of GHG emissions and, for future prediction of reduced uncertainty, cooperating in development of EC satellites. Last month, the 49th general assembly of IPCC had been held in Kyoto. In implementing the Paris Accord, IPCC has discussed the amended guidelines, which determines the method of calculation of the amount of each country's GHG emissions in order to pursue more transparency of activities and reports of the parties. The guidelines described the effectiveness of satellite observation and was adopted as the comparative method of emission inventory of each country. This is because all of the scientific and technological progress of GHG observation by satellites, which was hugely provided the cooperation of space agency and research institutions. All the appreciation is to go for those. 3. We aim that satellite observation data be used by those involved in inventory around the world and those involved in policy measures for climate change. J company, by improving the precision of products, starting with E company, and between C company and D company, is progressing with the homogenization of products between different satelites. The "EC satellite", in the prediction of our future in climate change, monitors the clouds and aerosols in the upper atmosphere which is highly uncertain. The observed data of "EC satellite"is essential once its accuracy of predicting the future is increased. J company is developing the CPR.
4. CPR is a satellite sensor, the first in the world, that measures the vertical distribution and movement of clouds and aerosols, using doppler radar technology. In the development of CPR, currently we are directly facing technical issues but along with obtaining support on all aspects from E company, J company is grappling with the solution with the contractor as one. We will surpass this issue and we would like to continue to work closely together in order to make the essential measurements for the progress of climate change prediction a reality. J company, since the "JS satellite", for 25 years, has accumulated experience in the development and operation of "LS technology". 5. Meantime, "LS technology" has been shown to be useful in the solution of various social problems through its use in the fields of disaster prevention, ocean monitoring, forestry, agriculture etc. J company continues the observation of all spheres through the LS of the "AL series", and by being used all over the world, continues to contribute to the solution of various issues on a global scale, beginning with SDGs.
In the past, with E company, during the "JS satellite" and "AL satellite" missions, we helped with data exchange and direct data reception. E company is recognized to be an important partner in the advancement of data usage in Europe.
6. At present, we have just expressed our interest in both sides, starting with the simultaneous use of "AL satellite" data in the polar sea ice campaign and in the use of chemicals in the field of forest and land use. As the J company, we would like to work with E company in order to advancement of the use of "AL2 satellite" data within Europe. Through the use of data by the "AL2 satellite" we expect further progress in the use of LS data in Europe, towards cooperation in directly receiving "AS4 satellite" transmissions in the future, and forward-thinking investigations.

Conyacで翻訳した結果

依頼文字数
1352

翻訳言語
日本語=>英語

金額(スタンダード依頼の場合)
12,168円

翻訳時間
約1時間

フリーランサー
Starter フリーランサー
Standard
JLPT Level 2 passer
JLPT Level 1 60%
Translated various Japanese-English documents (culture, tourism, financial, manga)
Basic Japanese teacher

Conyacの翻訳は1文字1.5円〜
人力による高品質で圧倒的な激安価格
24時間web上から注文受付。最短10分で納品!!!
英訳・和訳・中国語への翻訳など66言語に対応可能な109,000人の翻訳者があなたの依頼に対応します。
依頼完了まで3ステップ!!! (所要時間約3分)