Conyacで過去依頼された翻訳結果を表示しています。
24時間対応のクラウド翻訳サービスConyac

[英語から日本語への翻訳依頼] 3DMaxにステータスが「ミッシング」であるアセットがある場合、そしてレンダリングプロセスにおいて無視される場合、それらへのパスを削除するかまたは「ミッシ...

masahiro_matsumoto masahiro_matsumotoさんによる翻訳 sujiko sujikoさんによる翻訳
題名: レンダリング用の3ds Maxシーンの準備の仕方について

レンダリングをするときに、何か悪いことが起きることはいたって普通です。
しかしもしあなたがこれらの規則に従っていれば、あなたが問題を避けられる可能性はかなり高くなります。

シーンファイル - 2011から2016バージョンでは.maxフォーマットで保存されます。

XRefと参照ファイル - メインシーンと結合されます。

プロジェクトフォルダー - 使用されます。 もしそうでなければ、\Assets\ folderを作成するのが良いです。
そして全てのテクスチャのリリンク,vrmeshと他のアセットもそこに保存されます。
もちろん、シーンのアセットを紛失するようなことがあってはいけません。
全ての紛失したアセットはレンダリングの作業タイムを増加させ、レンダリングの問題を引き起こすかもしれません。


3DMaxにステータスが「ミッシング」であるアセットがある場合、そしてレンダリングプロセスにおいて無視される場合、それらへのパスを削除するかまたは「ミッシング」について弊社へご連絡ください。もしミッシングのアセットが無視されても貴方のシーンから削除されない場合、ジョブ提出ウィンドウの「エラーの継続」のオプションをオンにしてください。

アニメーションによる構成&アニメーションのファイル(avi/mp4/その他)は、アニメーションによる組み合わせには的確なオプションではなく、movファイルは使用できません。フレームのシークエンスを作成(jpg/pngその他)し、イメージのシークエンスとして接続してください。3DMaxに"ifl"のシークエンスを使用できます。

ビューポイント&セーブ----レンダーカメラが選択され、ビューポイントは最大化されます。シェーディングの詳細は、シェーディングの機能なしで「ボックス」へスイッチされます。 3ds Maxの圧縮オプションをオンにしてシーンをセーブします。レンダリングの設定においてレンダーカメラが選択及びロックされます。1つのレンダリングプロセスにおいて1台のカメラのみが算出されます。
これは、貴方が複数のカメラを使用すると、以下のようにシーンが分離されることを意味します。
カメラ1台=1つのシーン=1つのフレームの範囲=1つのアウトプットのパス
最大限のレンダリングの設定において、「レンダーするエリア」は選択されるのではなく「ビュー」へ設定されます。


Glの設定---両レンダリングエンジンの複数のマシンのレンダリングへ準備されます。メンタルRay&Vrayです。
Gl設定についてご不明な点があれば、弊社へご連絡ください。

プラグイン---多数の3ds Maxのプラグインをサポートしています。 しかし、異種のアドオンを使用する場合、プラグイン&弊社のネットワークのレンダリングシステムによるテストを実行する時間が必要かもしれません。

フレームの範囲---「アクティブタイムのセグメント」ではなく正確な数値による「マニュアル」として選択します。
アウトプット---アウトプットは、VRayフレームのバッファーの設定において選択されます。メインの3DMaxのアウトプット(「普通の」タブから)は、JPGsに設定されます。PNG, TIF,TGAまたはその他のフォーマットが必要な場合、VRayフレームのバッファーをご使用ください。レンダー要素のアウトプットが使用される場合、希望のフォーマットに設定されます。全アウトプットのパス(普通のパス、VRayフレームのバッファー、レンダーの要素)が再度シーンのヂレクトリーにディレクトされます。 スイッチ---配信されたレンダリング、低度のスレッドの優先、レンダーの地域は、オフとなります。
シーンの名称及びアウトプットのパスは、/ \"%#?のような異種の文字またはこれらに類似のマークを擁しません。
貴方のシーンにこれらの表示がある場合、これらは、"_"(アウトプットのパスも)へ変更されます。
弊社は、ここで貴方をサポートしますので、質問がある場合、お尋ねください。この旨をお忘れなく!
文章
TITLE: How to prepare a 3ds Max scene for rendering

When rendering it is pretty normal that something goes wrong, but if you follow these simple rules you increase your odds of avoiding issues by quite a margin

Scene file - should be saved in .max format - version from 2011 to 2016

XRefs & References files - should be merged to main scene

Project folder- should be used - if not, its good to make \Assets\ folder, and relink all textures, vrmeshes and other assets there. Of course, there should be no missing assets in scene. Every missing asset will increase job render time and can cause problems with rendering. If there are some assets which have "missing" status in 3DMax asset tracking, and can be ignored during rendering process, please delete paths to them or inform us about "ignoring missing".If missing assets can be ignored but cannot be removed from yours scene you can turn on "Continue on error" option on job submit window

Animated textures & animation files (avi/mp4/etc) are not good option for animated textures, also .mov files cannot be used. Please make frame sequence (jpg\png,etc) and connect as image sequence. You can use ".ifl" sequence in 3DMax

Viewport & save - render camera should be selected, and viewport should be maximized. Shading details should be switched to "box" without any shading abilities. Scene should be saved with 3ds Max compression option ON. In rendering setup - render camera should be selected & locked. In one rendering process only one camera can be calculated. That means if you are using multiple cameras - you should split scenes to 1 camera = 1 scene = 1 frame range = 1 output path. In max render settings "Area to render" should be set to "View" - not to selected

GI setup - should be prepared for multi - machines rendering in both render engines - Mental Ray & Vray. If you are not sure about GI setup - please contact with us

Plugins - we are supporting quite a lot of 3ds Max plugins;
however if you are using some untypical add-on, we may need some time to run test with plugin & our network rendering system.

Frame range - should be selected as "manual" with correct values - - not "active time segment"
Outputs - output should be selected in VRay Frame Buffer settings - main 3DMax output (from "Common" tab) should be setup to JPGs. If you need PNG, TIF, TGA or any other format - please use VRay Frame Buffer. If render elements outputs are used, they must be setup to desire format too. All output paths (common tab, VRay Frame Buffer, Render elements) should be redirected to scene directory

Switches - Distributed rendering, Low thread priority, Render region - should be off
Scene name, output paths should not contains any untypical characters like / \ " % # ? or any similar to that one. If yours scene contains such signs they will be changed to "_" (also outputs paths!)
Remember that we are here to help you so if you are not sure about something just ask us!

Conyacで翻訳した結果

依頼文字数
2936

翻訳言語
英語=>日本語

金額(スタンダード依頼の場合)
6,606円

翻訳時間
約1時間

フリーランサー
Starter
I am freelance translator and strong for engineering field.
フリーランサー
Starter (High)
IT、金融などを中心として社内翻訳者を数年経験後、フリーランス翻訳者として独立。2009年、法人化。得意分野は、法律(契約書、法令、戸籍など)、金融(401Kその他)、不動産(鑑定書、その他)、ホームページ、建築、マーケティング、LED照明、その他。

迅速且つ愚直に対応させていただきます...

Conyacの翻訳は1文字1.5円〜
人力による高品質で圧倒的な激安価格
24時間web上から注文受付。最短10分で納品!!!
英訳・和訳・中国語への翻訳など66言語に対応可能な121,000人の翻訳者があなたの依頼に対応します。
依頼完了まで3ステップ!!! (所要時間約3分)