Conyac で依頼された翻訳結果を公開

[英語から日本語への翻訳依頼] 新たな証拠がワシントン大学の研究家によって発見され事実1000以上の遺伝子が事後に活動し続け24から48時間後にバチバチと音を立て始める。 そしてこの遺...

翻訳依頼文
Life after death 'possible' as scientists find genes spring to life TWO DAYS after animals die
In what could be a step towards answering one of the greatest questions of mankind - it could also have implications for organ transplants
Scientists have made a shock discovery that thousands of genes come back to life in a corpse TWO DAYS after animals die.
In what could be a step towards the answer to one of the greatest questions of mankind - whether there is life after death? - it could also have implications for organ transplants.
Scientists have long pondered whether gene activity gradually trails off - or completely stops - after an animal dies. New evidence uncovered by researchers at the University of Washington in fact shows more than 1,000 genes remain active post-mortem - some of which only begin to splutter into action 24-48hrs after the event.
And any thought that it's some kind of reflex action - or some random genes flickering on and off - can be quickly discounted.
Moreover, the genes in question are associated with stress response - suggesting the animals are trying to re-establish activity - as well some connected with embryonic development.
More than half of the active genes are coded for proteins while the others were regulatory – indicating significant energy is still being used. One theory is that DNA, which is tightly packed, loosens up after death freeing genes which were previously kept from being active to roam.
Researchers conducted experiments on zebra fish and mice - and discovered increased activity in 1,063 genes after the animals had died.
Most of the genes fizzled into action 30 minutes after the animals died - but some took between 24 and 48 hours.
They have published their results online in bioRxiv - an online life sciences service to make their findings immediately available to the scientific community - where they said the majority of the genes kick into action half an hour after death. Their paper explains: "A step-wise shutdown occurs in organismal death that is manifested by the apparent upregulation of genes with various abundance maxima and durations."
It could be that this flurry of activity could be part of the process to shut the body down.
The question is though - does this make possible some kind of 'reboot'?
ka28310 さんによる翻訳
科学者たちは、生命の死語、『2日後に』遺伝子が突然活気づくことを発見したことにより、死後の世界は「可能」です。
人類にとって最も重要な質問へ踏み込むことになるこの研究結果は、臓器移植に対しても重要な示唆を含んでいます。
科学者たちは、何千もの遺伝子が遺体の中で生命体の死語『2日後』に生き返るという衝撃的な発見をしました。
人類にとって最も重要な質問へ踏み込むことになるこの研究結果は、死後の世界は存在するのか、という問いかけや、臓器移植に対しても重要な示唆を含んでいます。
科学者たちは生命の死後、遺伝子の活動が徐々に弱まるかどうか、または、完全に停止するのかを長い時間をかけて熟考してきました。
ワシントン大学の研究者たちによって明らかにされた事実では、実際のところ1,000本以上の遺伝子が死後検視の段階でまだ活動していて、遺伝子の一部は死後24~48時間後にその活動を始めたばかりであることです。
そして、そのような遺伝子の活動は単なる反射作用である、とか、炎が明滅するような偶発的な遺伝子の挙動であろう、という考え方は急速に否定され得るものです。
さらに、問題の遺伝子はストレス反応に関連付けられます。生命が、胎児期に器官を発達させようとする成長活動のように、もういちど生命活動を取り戻そうとしている作用と同じである、という示唆があります。
活動している遺伝子の半分以上はたんぱく質でコード化されており、他の遺伝子は調整機能を持つものとして活動しており、明らかにエネルギーが依然、燃焼されて使われていることを示しています。
緊密に凝縮されているDNAは、死後に緩むことによって、それまで自由に活動することができなかった遺伝子を解放することになる、という一説があります。
研究者たちはゼブラフィッシュとネズミを用いて実験を行い、それらが死んだ後に1,063の遺伝子の活動が増加したことを発見しました。
遺伝子の多くは生命の死後30分で活動が徐々に弱まりますが、いくらかの遺伝子については、活動が弱まるのに 28~48時間も掛けるものがあります。
研究者たちはこの結果をオンラインで bioRxiv に発表しました。このオンラインの生命科学情報サービスによって、この発見がいち早く科学学界の知れるところとなったのです。遺伝子の大半は死後30分で活動を開始する、と。
彼らの論文は、「生命の死は、明らかに、時間をかけた様々な遺伝子の最大の上方調節機能による、段階を追ったシャットダウンである。」と説明している。
この驚愕すべき遺伝子の活動は、生命を終えつつある動物の体に発生する一連の変化の一部なのかもしれない。
しかし、ここでまだ、「何らかの生命の復活の可能性はあるのか?」という疑問は依然、残るのである。
相談する

Conyac で翻訳した結果

依頼文字数
2275文字
翻訳言語
英語 → 日本語
金額 (スタンダード依頼の場合)
5,119.5円
翻訳時間
約1時間
フリーランサー
ka28310 ka28310
Standard
長年、半導体(システムLSI)検証を手掛け、多くの英文ドキュメントに触れてきました。
丁寧で迅速な翻訳を心がけてまいります。どうぞよろしくお願いいたしま...
相談する