Displayed are the past translation results requested in Conyac.
Conyac, the 24-hour crowdsourced translation service.

[Translation from English to Japanese ] What the Average Life Expectancy Will Be in 2050 Talking about the future mak...

Original Texts
What the Average Life Expectancy Will Be in 2050
Talking about the future makes people more uncomfortable than wearing itchiest wool sweater in the world. While there’s a lot of uncertainty, most of us can safely expect to live a lot longer than our ancestors. Today, the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) estimates the average life expectancy for Americans is 78.8. This shows an uptick from even a few years ago, and it looks like it’s going to keep growing. Pew Research Center projected one out of every five Americans will be age 65 or older by 2050, and at least 400,000 people will be 100 or older. As for the rest of the world, the United Nations Department of Economic and Social Affairs says the total number of people who will be age 60 or older is likely to more than double by 2050. This age group will account for 34% of the population in Europe, over 25% in Latin America, the Caribbean, and Asia, and 9% in Africa. These are all increases. Now for a more detailed breakdown on what’s already happened and what’s to come. According to the National Institute on Aging, life expectancy increased by around three months per year between 1840 and 2007. In East Asia, the life expectancy at birth has increased by almost 30 years since 1950, growing from 45 to 74. As for the future, the Los Angeles Times mentions life expectancy in Japan will increase to 90.9 years in 2050 from 82.9 in 2000.
The story is similar for Europe and the U.S. The Atlantic notes Sweden saw an increase from 45 years to 83 years for women from 1840 to 2014. The same story said Americans saw their projected age of death rise from 47 to 79 from the beginning of the 20th century to today. If the current growth trend continues, the American life expectancy at birth by the middle of the 21st century will be nine years more than our current one, raising the number to 88.
But keep in mind, with the possibility of medical advancements in the future, these numbers can shift. In fact, universities and research centers have already begun investigating ways to add more healthy years to our lives. The Buck Institute, a biomedical research institute in California, is one of them. They focus only on research related to aging and chronic disease. In a study published in 2013, scientists at the institute were able to increase the lifespan of worms by five times.
Similarly, in a recent study by Mayo Clinic, researchers were able to increase the lifespan of mice by 35% by removing senescent cells, which slows the rate of wear and tear on organs and tissues that naturally occurs over time. Although neither of these studies have been replicated using humans, they offer a glimpse of what may be in the future.
This might sound great, but the possibilities of radical life extension bring a lot of debate about what advancements could mean for society. Pew Research Center conducted a survey of more than 2,000 American adults in 2013, and more than half of those surveyed had never heard about potential life extension before. According to the researchers, 51% said medical treatments that would slow the aging process, possibly allowing humans to live to 120 years old, wouldn’t be a good thing. While the public was optimistic about possible breakthroughs, including a cure for cancer and artificial arms and legs, there was also skepticism about who would have access to such treatments and the impact on our natural resources.
At this time, though, there are no medical treatments or advancements that can affect the length of human life expectancy. Only time will tell what the future holds.
hhanyu7 Translated by hhanyu7 mars16 Translated by mars16
2050年の平均寿命はどんなものになるのか
未来について語ると人々は、世界でもっとかゆくなるウールのセーターを着るよりも居心地が悪くなる。多くの不確実性がある一方で、私たちのほとんどは、先祖よりも一層長く生きるだろうと確実に考える可能性がある。今日、疾病対策センター(CDC)は、アメリカ人の平均寿命を78.8歳と推測している。これは、数年前よりも上昇していることを示し、その上昇は続きそうである。ピュー・リサーチセンター(Pew Research Center)は、2050年までにアメリカ人の5人に1人は65歳以上になるだろうと推定し、また少なくとも400,000人の人たちは、100歳以上になるだろうと推定している。 他の国々に関して、国連経済社会局は、60歳以上になる人々の総計は、2050年までに2倍以上になりそうだと言う。この年齢層は、ヨーロッパにおける人口の34%を占め、南米、カリブ海、アジアでは25%以上、またアフリカでは9%を占めることになる。これらは全て増加である。 これまで、そして今後についてもう少し詳しくみていこう。米国立老化研究所によると、 1840年から2007年にかけてアメリカ人の平均寿命は年3か月ほど伸びた。東アジアでは、出生時の平均寿命は1950年以降で約30年、45歳から74歳に伸びた。将来について、ロサンゼルスタイムズでは、日本人の平均寿命が2000年の82.9歳から2050年には90.9歳に伸びるとしている。
欧州、米国でも概ね同様だ。アトランティック誌はスウェーデン人の平均寿命は1840年から2014年にかけて45歳伸びて83歳になったという。米国についても同様で、死亡予想年齢は20世紀初頭の47歳から79歳にまで伸びた。 もしこの成長トレンドが続けば、アメリカ人の出生時における寿命は21世期半ばまでに現在よりも9年上乗せされ、88歳になるだろう。
しかし注意しなくてはならないのは、将来の医療の進歩の可能性によりこの数字が変化する可能性があることだ。実際、大学や研究所では、私たちの人生に健康的に過ごせる年月を加えるための研究にすでに着手している。カリフォルニアの生物学研究センターであるバック研究所が好例である。この研究所では、加齢や慢性疾患に特化した研究を行っている。2013年に公表された研究によると、この研究所に在籍する科学者は環形昆虫の寿命を5年延ばすことができたという。 同じように、マヨ・クリニックが最近行った調査によると、老化細胞を除去することでねずみの寿命を35%伸ばすことができたという。これは、本来は経年で起こる組織や細胞の摩滅率を遅らせるものだ。これらの研究はいずれも人間で複製されていないが、医療の将来を垣間見せてくれている。
これは話としては素晴らしいのだが、寿命を劇的に伸ばすというのは、進化が社会に及ぼす影響について多くの議論を呼ぶことだろう。ピュー研究センターは2013年、2,000人以上のアメリカ人成人に対して調査を行ったが、調査対象の半分以上の人はそれまで潜在的な寿命の延長など聞いたことがなかったという。 研究者の51%は、人間が120歳まで生きられるような、加齢を遅らせる治療を施すのは良くないことだと考えている。がんの治療や義手・義足を含め、一般の人は画期的な医療に対して楽観的な見方をしているが、こうした治療法に誰がアクセスできるのか、天然資源にどのような影響があるかという点については懐疑的な見方もある。
ただ現時点では、人間の寿命に影響を及ぼすような治療法や進化は見当たらない。将来どうなるかは時間が経てばわかるだろう。

Result of translation in Conyac

Number of characters of requests:
3591

Translation Language
English=>Japanese

Translation fee
$80.805

Translation time
about 1 hour

Freelancer
Standard Freelancer
Standard
翻訳を始めて、そしてConyacに参加して5年ほどになります(スタンダード案件1000件超の実績)。
ビジネス、政治、経済、IT関係のニュース記事や市場分析レポート、報道発表資料等の英日案件を幅広く手がけてきました。ノンフィクション系の文献や生活の知恵に関するブログ記事、エッセイや紀行文、海...

Conyac translation costs USD$0.015 ~ per 1 character.
For translations into English, Japanese, Chinese, and 66 other languages we have 121,000 translators ready to handle your request.
Just three steps until your request is complete!! (approx. 3 mins.)