Translation Results Requested Through Conyac Made Public

[Translation from English to Japanese ] Learning from Farming Information Service 8Villages 8villages is one of the ...

Original Texts
Learning from Farming Information Service 8Villages

8villages is one of the growing startups in Indonesia and set its sights at a market that many startups don’t pay attention to. Farmers with feature phones may be a combination considered to be uncool by local startups which tend to refer to Silicon Valley where practically everyone there uses a smartphone. Indonesia is clearly a different market, similar to many growing Asian nations as feature phones are still dominant. Just because it’s a feature phone market doesn’t mean it can’t be monetized. mig33 with its business model shows that this is possible. This service was built when farmers, with all their limitations need accurate information to help them build and grow their plants on their fields and gardens, such as weather forecasts, precipitation rate, consumer needs, price fluctuations, and all the related expenses. 8villages which was founded by Mathieu Le Bras and Yusep Rosmansyah clearly was built with passion, because the data they supply is more than just a feed of easily obtainable data from the Internet. 8villages found a business scheme with network operators to share revenue based on SMS messages delivering the information. 8villages built a database called Lisa which is run in cooperation with academics to serve as a discussion forum for all things farming. With the large consumer potential and 8villages’ choice of partners which includes academics, it seems like this startup has taken the right path. 8villages is looking at the possibility to expand its coverage to neighboring countries such as Vietnam and the Philippines in which farmers there also face similar issues. The large potential of this field is backed by the fact that Nokia has its Life Tools suite of applications aimed at this very market in developing countries. 8villages delivers an important lesson for many in the Indonesian startup landscape about the importance of understanding the consumers and the problems to be solved. The characters of Indonesian consumers determine the development of a startup. Execution with passion to deliver a solution to a problem should help startups to survive and grow. Consumers with feature phones do not pose a significant challenge because the use of SMS apparently is easier to monetize than through smartphone apps. Its widespread use allows for a larger traction and the small fee charged to consumers will continuously snowball. Imagine if 70% of farmers in one province become subscribers to this service. What if you add two or three more provinces? Of course, this aspect isn’t the sole reason to build a technology based company in Indonesia. As part of the startup landscape, we should ask ourselves if the service we provide will have actual benefit to the community and not just limited to profit projections. Hopefully 8villages can provide a reflection for all and something to learn from.
zhizi Translated by zhizi
農業関連の情報を提供する「8villages」から学ぶこと

8villagesはインドネシアで成長しているスタートアップの1つで、多くのスタートアップがあまり目を向けない市場に取り組んでいる。農業従事者とフィーチャーフォンというのは、誰もがフマートフォンを持つシリコンバレーに注目するインドネシアのスタートアップからすれば、クールな組み合せではないかもしれない。インドネシアの市場は明らかに異なり、今もフィーチャーフォンが主要なモバイルデバイスである数多くのアジア諸国の市場と似ている。だが、フィチャーフォン市場だからといって、マネタイズが不可能なわけではない。mig33のもつビジネスモデルがフィーチャフォン市場でのマネタイズが可能なことを示している。
同サービスは、農業従事者が抱えるすべての制約を考慮し、彼らが田畑で苗を植えて育てるために必要な情報 ——例えば、天気予報、降水量、消費者のニーズ、価格変動、そしてすべての関連コストなど—— を提供するために構築されている。
8villagesはMathieu Le Bras氏とYusep Rosmansyah氏によって設立され、彼らが情熱を持って開発したことは明らかだ。なぜなら、彼らが提供するデータにはインターネットから簡単に入手できる以上のものがあるからだ。同サービスはネットワークオペレーターと事業計画を見いだし、情報を配信するSMSメッセージをもとに収益を分配している。また、高等教育機関と提携して運営するLisaと呼ばれるデータベースも構築し、農業全般に関するディスカッションフォーラムとして提供している。
大きな消費者を獲得できるという可能性と、同サービスが高等教育機関などをパートナーとして選択していることを考えると、同スタートアップは正しい道を辿っているように見える。8villagesは、農業従事者がインドネシアと同様の問題に直面しているベトナムやフィリピンなどにもサービスを拡大できるかどうかを模索している。この分野における大きなポテンシャルは、Nokiaが発展途上国のまさにこの市場をターゲットにしたLife Toolsという一連のアプリを提供していることで後押しされている。
8villagesはインドネシアのスタートアップ業界の多くの人にとって消費者と解決すべき問題を理解することの重要性について大事なレッスンを提供している。インドネシアの消費者の特徴はスタートアップの発展を決めるものだ。問題を解決するためのソリューションを情熱を持って実行すれば、スタートアップの生き残りそして成長を助長するはずだ。
フィーチャーフォンを利用する消費者が大きな難題をもたらすことはないだろう。というのも、SMSの活用はスマートフォンのアプリを通じてマネタイズするよりも明らかに簡単だからだ。フィーチャーフォンが広く利用され、大きなトラクションを得ることができるとともに、消費者に多額の利用料がかかることもないので、雪だるま式に利用は増えるだろう。利用する州がさらに2〜3か所増えたらどうだろう?もちろん、それがインドネシアでテクノロジー系の企業を構築する唯一の理由ではないのだが。
スタートアップ業界に属するものとして、我々は自分達が提供するサービスが実際にコミュニティーのためになるのか、利益だけを考えているのではないかということを自分自身に聞いてみるべきだ。8villagesがすべての人に何らかの影響を与え、何かを教えてくれることを望む。

Result of Translation in Conyac

Number of Characters of Requests:
2901letters
Translation Language
English → Japanese
Translation Fee
$65.28
Translation Time
about 6 hours
Freelancer
zhizi zhizi
Senior