Translator Reviews ( English → Japanese )

Rating: 52 / 1 Review / 27 Jul 2018 at 11:24

marifh
marifh 52
English

Kimberly Clausing, an economist at Reed College who has written and researched extensively about the scope of shifting profits to tax havens, said the research demonstrated that “the decline in the corporate tax is a result of policy, not an inevitable feature of the global economy. This implies that policymakers have the ability to address this problem without losing out in a tax competition game against other countries. But they must have the will to tackle tax havens themselves, instead of directing their fire at other non-haven countries.”

Included in the new tax law were several steps meant to address profit-shifting, including a complicated set of global minimum taxes for multinational corporations.

Japanese

Reed Collegeの経済専門家は、利益をタックスヘイブンに移すことについて幅広く研究し、著書を出しているがこの研究について「企業の減税は政策の結果である。世界的に経済を見て避けられない結果としておきたことではない。このことは、政府側は外国と税率の競争ゲームをし負けることなく、問題と向き合う能力を持つべきである。しかし政府は、タックスヘイブンそのものの問題を直接に取り組むべきであって、それ以外の国に向けて攻撃するべきではない。」と言っている。

この新税法にはいくつかの利益の移譲を回避するため取られた段階があり、多国籍企業の世界的最小限の税金という複雑なものも含まれている。

Reviews ( 1 )

higaa 53
higaa rated this translation result as ★★★★ 01 Aug 2018 at 10:07

original
Reed Collegeの経済専門家は、利益をタックスヘイブンに移すことについて幅広く研究し、著書を出しているがこの研究について「企業の減は政策の結果である。世界的に経済を見て避けられない結果としておきたことではない。このことは、政府側は外国と税率の競争ゲームをし負けることなく、問題と向き合う能力を持つべきである。しかし政府は、タックスヘイブンそのものの問題直接に取り組むべきであって、それ以外の国に向けて攻撃するべきではない。」と言っている。

この新税法にはいくつかの利益の移譲を回避するため取られた段階があり、多国籍企業の世界的最小限の税金という複雑なものも含まれている。

corrected
Reed Collegeの経済専門家Kimberly Clausing氏は、利益をタックスヘイブンに移すことについて幅広く研究し、著書を出しているがこの研究について「法人税の減は政策の結果である。世界経済避けられない結果としておきたことではない。つまり、政府側は外国と税率の競争ゲーム負けることなく、問題を処理する能力を持っているということである。しかし政府は、タックスヘイブンそのものの問題直接に取り組むべきであって、それ以外の国に向けて攻撃するべきではない。」と言っている。

この新税法にはいくつかの利益の移譲を回避するため取られた段階があり、多国籍企業の世界的最小限の税金という複雑なものも含まれている。

marifh marifh 01 Aug 2018 at 10:08

レビュー有難うございました。

Add Comment