Displayed are the past translation results requested in Conyac.
Conyac, the 24-hour crowdsourced translation service.

[Translation from English to Japanese ] Apple has announced a programme to help human trafficking victims get behind-...

Original Texts
Apple has announced a programme to help human trafficking victims get behind-the-scenes jobs at its stores.

The technology company has teamed up with an NGO that will help the victims pass interviews for caretaker and landscaping posts among other roles.

The individuals will not be identified to Apple and will be employed by its suppliers rather than directly. But it intends to monitor the initiative.

The announcement coincides with the company winning the Stop Slavery Award.

The prize was given by the Thomson Reuters Foundation and accepted by Apple's retail chief Angela Ahrendts in London.

It recognises companies that are at the forefront of efforts to combat forced labour in supply chains. Judges praised the Apple's "extremely robust" audit programme and the fact it had "openly shared its learnings with the public".

Unilever's chief executive, Paul Polman, was also presented with an award in recognition of the work he had done.

But one campaign group described the decision to honour Apple as "a joke".

"Apple may be doing more compared to other companies but that is because it has the resources to do so," said Li Qiang, executive director of China Labor Watch.

"Though we have only just started, we see huge opportunity to be a beacon of hope for trafficking survivors integrating them into our retail team," Ms Ahrendts said in her acceptance speech.
"However, Apple isn't doing enough, as forced labour persists in its suppliers' factories in China."

"These efforts are just a part of a broader set of initiatives to eliminate modern slavery from every part of our company, in every part of the world."

Other examples of Apple's efforts include a ban on contractors withholding their workers' passports or otherwise forcing staff to work until they have paid off a debt.

Ms Ahrendts said audits carried out to check for workers being wrongfully charged recruitment fees to secure their posts had resulted in it making suppliers return over $30m (£23m) to more than 35,000 people over the past decade.
kumako-gohara Translated by kumako-gohara sujiko Translated by sujiko
Appleは、人身売買の被害者が店舗で店舗裏の仕事を出来るようにするプログラムを発表しました。
技術会社はNGOと協力して、被害者が介護や造園所のポストに就くために面接することを手助けします。へのインタビューを他の職種に渡すのを助けます。
個人はAppleに特定されず、直接ではなくサプライヤーに雇用されます。 ただ、イニシアティブを監視します。
この発表は、反奴隷にかかわる賞を受賞した会社と同じです。
この賞はトムソン・ロイター財団によって与えられ、ロンドンにあるAppleの小売店長Angela Ahrendtsに受け入れられました。
これによって、会社がサプライチェーンにおける強制労働に取り組む努力の最前線にあることが認められたことになります。 判事は、アップルの「超強靭な」監査プログラムと「大衆との習得のシェア」を絶賛しました。

ユニレバーズの重役であるポール・ポルマンが同氏の任務の評価により賞を授与されました。

しかし、あるキャンペーンの団体がこのアップルへの表彰を「ジョーク」であると述べました。

「アップルが他社より大規模な活動をしているが、これは同社がリソースを擁しているからだ」とチャイナ・レーバー・ウオッチ社役員のリ・チアン氏が言及しました。
「弊社はスタートしたばかりだがトラフィキングの被害者たちの希望となる巨大な機会があり、被害者たちを弊社のリテールのチームへ参加させます」と受領演説で発言したのはアヘレンドツ氏でした。 「しかし、アップルは十分に活動していない。サプライヤーの工場で強制労働が温在していますので。」
「全世界の弊社全体で行われている奴隷を撲滅するにあたり、これらの努力は壮大なイニシャチブのセットのほんの一部に過ぎません。」

同社の他の事例には契約を結んでいる会社が労働者のパスポートを取り上げたり借金を返済するまで働かせたりすることを禁止することが含まれています。

アヘレンズ女史によると、職務につくため労働者が違法に請求された金額を確認した結果、過去10年間に3万5千人以上の人々へサプライヤーが3000万ドル(2300万ユーロ)以上を支払わなければならなくなりました。

Result of translation in Conyac

Number of characters of requests:
2008

Translation Language
English=>Japanese

Translation fee
$45.18

Translation time
31 minutes

Freelancer
Starter
銀行勤務2年半(日本)、会計事務所勤務3年(海外)。
社内外問わず、相手の立場にたった対応を心がけるようにしています。
またどの相手に対しても「シンプルな説明」を出来るよう日々努めています。

▼可能な翻訳言語
・英語と日本語

▼資格
・TOEIC795点
・日商簿記検定2...
Freelancer
Starter (High)
IT、金融などを中心として社内翻訳者を数年経験後、フリーランス翻訳者として独立。2009年、法人化。得意分野は、法律(契約書、法令、戸籍など)、金融(401Kその他)、不動産(鑑定書、その他)、ホームページ、建築、マーケティング、LED照明、その他。

迅速且つ愚直に対応させていただきます...

Conyac translation costs USD$0.015 ~ per 1 character.
For translations into English, Japanese, Chinese, and 66 other languages we have 121,000 translators ready to handle your request.
Just three steps until your request is complete!! (approx. 3 mins.)