Translation Results Requested Through Conyac Made Public

[Translation from English to Japanese ] KakaoTalk looks to keep groups in touch with new KakaoGroup app Yesterday, K...

Original Texts
KakaoTalk looks to keep groups in touch with new KakaoGroup app

Yesterday, KaKaoTalk got a major makeover, and today it launches a new app in the form of KakaoGroup, a private, mobile group service that allows users to share updates and photos in a private group.

Last year, the Korean startup launched a free group voice chat service for up to five participants within the KakaoTalk app. This time, KakaoGroup is a separate app that users can download for Android or iOS, and it supports both Korean and English. To use KakaoGroup, one must have a Kakao account. Kakao says the team is making “continuous efforts to listen to [its] users and develop services to accommodate their needs.” The team adds:

KakaoGroup was developed as a means to resolve the most frequently raised inconveniences that users faced during their group communication experience in KakaoTalk.

Group dynamics

KakaoGroup users can easily create groups and share updates and photos with their select group of friends or family. To create a group, users only need to set a group name and cover image, and invite KakaoTalk friends to the group by tapping on “invite members” on the members page. KakaoGroup invitations are sent to each member through KakaoGroup notifications or through KakaoTalk. The first creator of the group is the “group host” and has the right to change the group name and group cover image. Any member in the group can also invite other friends to the group, but only the group host can oust a member out of the group. The host can also transfer the position to another member in the group of choice.

Though KakaoGroup is a separate app, members of a group can continue their conversation in KakaoTalk through the “go to group chatroom” option. A few months back, we saw Israeli-based group chat app Hoozin pitch at our Startup Arena in Singapore. Sina also launched a similar group chat app late last month in China. WeChat likewise, has a group chat feature for up to 40 people, but doesn’t offer so many features as the new KakaoGroup. As of July, KakaoTalk counts 100 million in its user-base.

Get KakaoGroup in Google’s Play Store or Apple’s App Store.
oier9 Translated by oier9
KakaoTalkは新たなKakaoGroupアプリでグループ連絡を維持しようとしている。

昨日KakaoTalkは大変身を遂げた。そして今日、KakaoGroupという形で新たなアプリをローンチする。プライベートなモバイルグループサービスで、ユーザはプライベートグループ内で更新情報や写真を共有できる。

昨年、この韓国のスタートアップは、KakaoTalkアプリ内で5人まで参加できる無料のグループボイスチャットサービスをローンチした。今回のKakaoGroupはそれとは異なるアプリで、Android用とiOS用がダウンロードすることができる。また、韓国語と英語の両方をサポートしている。KakaoGroupを使用するには、Kakaoアカウントが必要になる。
Kakaoは、同社チームが「ニーズに対応できるよう、ユーザの意見を聞きながらサービス改善を行うよう、継続して努力しています。」と話している。また「KakaoGroupは、ユーザがKakaoTalkでのグループ通信で直面したありがちな不便さを解決するための手段として開発されたんです。」と言い添えた。

グループダイナミクス

KakaoGroupユーザは簡単にグループを作成でき、友人や家族といった特定のグループと更新情報や写真を共有できる。グループを作成するには、ユーザはグループ名とカバー画像を設定し、メンバーページの「メンバーを招待する」をタップして、作成したグループへとKakaoTalkの友達を招待するだけでいい。KakaoGroupへの招待状は、KakaoGroup通知機能やKakaoTalkを通じて各メンバーに送信される。
グループを作成した人は「グループ・ホスト」となり、グループ名やグループカバー画像を変更する権利を持つ。グループ内のメンバーであればだれでも同グループに他の友人を招待することができるが、グループ・ホストだけがグループからメンバーを外すことができる。また、選択したグループ内の別のメンバーへポジションを移送することができる。

KakaoGroupが独立したアプリだが、グループのメンバーは「グループチャットルームに行く」を選択すれば、KakaoTalkで会話を続けることができる。
数ヶ月前のシンガポールでのStartup Arenaで、イスラエルに拠点をおくグループチャットアプリHoozinのピッチを見た。先月末の中国でも、Sinaが似たようなグループチャットアプリをローンチした。WeChat同様、最大40人まで利用できるグループチャット機能があるが、新たなKakaoGroupとは違ってそれほど多くの機能を提供していない。7月時点で、カカオトークのユーザーベース人数は100万を数えた。

GoogleのPlay StoreまたはAppleのApp StoreでKakaoGroupを手に入れよう。
Contact

Result of Translation in Conyac

Number of Characters of Requests:
2141letters
Translation Language
English → Japanese
Translation Fee
$48.18
Translation Time
about 3 hours
Freelancer
oier9 oier9
Starter
より分かりやすい翻訳を目指しています。よろしくお願いします。
Contact