Conyacで過去依頼された翻訳結果を表示しています。
24時間対応のクラウド翻訳サービスConyac

[日本語から英語への翻訳依頼] 1.私がアーティストとして興味のあることは、「環境」から得るインスピレーションから作品を立ち上げること、そして、観客の五感を触発を与える「場」の提供だ。私...

翻訳依頼文
1.私がアーティストとして興味のあることは、「環境」から得るインスピレーションから作品を立ち上げること、そして、観客の五感を触発を与える「場」の提供だ。私の作品は、必ず、「生身の人間」を空間に配置し構成する。「言葉よりも、言葉の周辺」「身体よりも、身体の周辺」に人間の可能性はあるのではないか、と考える。それらを立ち現すため、または観客と演者の物理的な「距離」を決めることで、感情や感覚を引き出し、身体の関係性を浮き彫りにすることを目指す。 日常でのしがらみ(社会的役割など)をいったん横に置いて、他者の身体をじっくり見る行為を通して、自分と向き合うことのできる時間の提供。現在は、「演劇」「ダンス」「美術」各々の文脈でアーティスト活動している。ジャンルのハブになることで、既存のジャンルに新しい風を吹かせ、表現や思考の可能性の幅を広げる存 在であることを目指す。そして、「演劇」「ダンス」「美術」各々の文脈で語ることができ、同時にジャンルレ スな新しいジャンルの構築を目指す。 アーティストの実践とは作品をつくることだけでなく、作品を通してなににどういう貢献をしているのか自覚を持つことを含んでいる。それは立ち位置を自覚して、「アートとはなにか」「作品とはなにか」という問いへ答えることに繋がる「外部者」であることを求めて、「人間の本質」を追い求めていきたい。2.「都市の余白のような公園」と「Mind and body」をテーマに作品を創作したい。滞在場所近辺の公園についての歴史を調べ、各所を回るツアー型作品を創作する。 人間の生活の営みが途絶えた「場」は、その「場」で 新しい物語を上書きする人々に対して、無言で何かを 教えて教えてくれる。 積み重ねられて複雑になっている「場」の歴史は、人間 の営みが途絶えた「場」に化石化している。 そこに、観客が違う物語を紡ぎ、 「場」の持つ意味の再解釈を身体を通じて探る。私はその場所特有の「匂い」と「音」、そして「ストーリー」と「メモリー」を追い求めている。自分で歩き、景色、建築、植物、歴史に思いを巡らせることで場所と密な対話ができると理解している。 「歩いてゆけば『私の場所』、つまり『思考とインプレッションのすべてが凝縮され、それがイメージやアイデア、プロジェクトとなるスポット』にいずれ出会える」という現実に任せる。去年、劇場において日韓の問題は深刻化している話を聞いたが、レジデンス創作に臨みたいと思いました。日本人である自分が韓国に訪れることで、積み重ねられて複雑になっている「場」の歴史から五感に何を感じるのか、を可視化させる。それらは、日韓の問題を超えることができるのか、を発見する。 近年の問題意識は「なぜ『東京』に拠点を持ち暮らしているのか」。実母の故郷である東北から問いを考 えたときに、生まれた疑問。この個人的な問題を出発点に、「東京」で創作を行なってきた私が、異なる「場」で創作することを通して、自分にとって当たり前になっている立場を疑ってみることで「問い」を生み出したい。 このプロジェクトを通して、「部外者」としての保証があって土地を訪れ、また、全く違う言語で全く違う価値観に触れる。そして、土地にまつわる気づきや驚きのセンサーをより活発にしたい。 これまでに様々な場所に滞在し活動する機会がある。多くの場合(そうすることが好き)、前もって計画を立てず旅に出る。旅先に着いていつも最初にすること、それは「歩く」こと。作品のための場所やフォルムを求めて見知らぬ土地をあてもなく歩き、道端に転がるものを拾い集める。それは、形や素材であったり、その土地の習慣や出来事であったりする。私の作品は例外なく、それを創る場所と深く結びついている。 対象を詳しく調べ、言語や文化の壁を乗り越え人々の間に、過去と未来の間に、そして内なる景色と外なる景色の間に橋を架けたい。この経験は、制作活動や生活などを通して、アーティスト同士、もしくはアーティストと地域の人の「いま・ここ」の経験が分けられないものになる。そのなかで気づきを繰り返し、制作を続けていることは、文化的多様性に貢献することであり、世界へ還元されるだろう。これらの経験が常に「外部者」であることを求めて、「人間の本質」を追い求めていきたいとおもっている自分の役に立つ。
[削除済みユーザ] [削除済みユーザ]さんによる翻訳 chibbi chibbiさんによる翻訳 ka28310 ka28310さんによる翻訳 koqurepusher koqurepusherさんによる翻訳 cognac31 cognac31さんによる翻訳
1. The thing which I am interested in as an artist is to build the work from the inspiration by getting from "circumstance", and to offer the "place" which gives audience's five senses inspiration. My works are surely to make by setting "flesh and blood" in the space. I think that a human possibility may be in "around the language rather than language itself" and "around the body rather than body itself". To express those or by deciding "distance" physically between audience and performers pull out the feelings and senses, then aim to give life to relationship of body. Let's just put restrictions in life( such as a social role) aside and imagine to spare time to confront yourself by observing someone's body carefully. At this moment, I work as an artist in the area such as "Play", "Dance" and "Art". Being in a center of the each field, I'm trying to show you possibilities to expand expressing myself and my thoughts by sending fresh air in the current field. Also, I can talk context in each "Play", "Dance" and "Art", and at the same time, I'm trying to build a new form of construction without having a form. Practice of the artists includes not only making their works but also having awareness of what kind of contribution they make through the works. I would like to pursue "the nature of a human being" by seeking to be the "an outside person" who is aware of his own position and is "the external" who leads to answering the question "What is art?" and "What is the work?" 2. I would like to create works based on the theme "A park like the margin of the city" and "Mind and body". I will study the history of the park near the place which I stay in and create a tour type of the work around each place. "place" where human living are diminished will tell something to the people making new story on above at the "place" without saying. The history of "place" that become complex by piling up is becoming like fossil at "place" where human living are diminished. The audience will weave the different stories and look for reinterpretation of meaning that "place" have the through their bodies. I am seeking for endemic "cent" on the place, "sound", "story" and "memory". As I walk by myself and turn the view, architecture, plants and history over in my mind, I am sure that I could have a talk with the place. I entrust reality that "If I go on walking, it is 'my place', in short, 'all of thought and impression are condensed, then I can meet the spot that they will become image, idea and project someday". Last year, I heard that the issue between Japan and South Korea is becoming more serious on the theater, but I thought I would like to face residence creative. I am Japanese and visit South Korea, and then I will visualize what I will feel in my five senses from the history of the "place" which is complicated by being piled. I may discover that they can exceed the issue between Japan and South Korea. In recent years, awareness is that "why I live and have a base in Tokyo". When I think the question from Tohoku district of my mother's hometown, this question happened. This personal problem is the starting point, I have continued creative activities in "Tokyo", through creating in the different "place", I want to make "a question" by doubting the position which is common for me. Through this project, I have a guarantee as an "outsider" and leave the area, and then I touch quite different sense of value with quite different language. And I want to make notice about the area and sensor of surprise active. I've had a chance to visit many places and have worked there before. In many cases( I enjoy doing it), I travel without planning ahead. The first thing I always do is "Strolling". I would stroll unfamiliar places without purposes, seeking theme and places for my work, and I would pick things up from the ground and collect them. They can be some sort of shapes, materials, local customs, and event. Without exception, my work relates to those places that create them. I’d like to research in detail the object and build a bridge between people over linguistic and cultural barriers, between past and future, between inner scenery and external one.
This experience will not be separated from the experience of “now/here” through creative works and lives
between artists and between artist and the regional people.
Through this, I can say that to continue to create by having noticed again and again will be a contribution to the cultural diversity, so it will return to the world.
All these experiences help me who want to be always “outsider” and pursue “human nature”

Conyacで翻訳した結果

依頼文字数
1789

翻訳言語
日本語=>英語

金額(スタンダード依頼の場合)
16,101円

翻訳時間
約4時間

フリーランサー
Starter
現在アメリカワシントン州シアトル郊外に住んでいます。ノースウエスト航空、デルタ航空の予約課で長年予約全般、フリクエントフライヤーエリートラインでマイルに関する予約業務全般に携わっておりました。得意分野は観光、音楽、料理です。
アメリカで培った英語力を翻訳に生かしナチュラルな翻訳を心がけております。
フリーランサー
Starter
I have been working in semiconductor system LSI design and verification business field for many years.
I will try my best to translate Japanese/En...
フリーランサー
Starter
チェコの大学院で、環境化学を専攻しています。
前職場では、環境科学系の技術員をしており、日本語から英語への翻訳資料、プレゼン等の制作に携わっていました。

主にサイエンス系の論文や記事に日ごろ目を通しているので、主にそちらの分野が翻訳が得意分野になります。あとサブカルチャー(音楽、アート...
フリーランサー
Starter (High)

Conyacの翻訳は1文字1.5円〜
人力による高品質で圧倒的な激安価格
24時間web上から注文受付。最短10分で納品!!!
英訳・和訳・中国語への翻訳など66言語に対応可能な105,000人の翻訳者があなたの依頼に対応します。
依頼完了まで3ステップ!!! (所要時間約3分)