ctplers99 (ctplers99) Translations

4.9 51 reviews
ID Verified
Almost 7 years ago Male
Japan
Japanese (Native) English
Contracts Business Travel Website IT Manuals Marketing technology Law
Contact Freelancer
A listing of the public translations that were written by this user. This listing does not include the requests that have yet to be completed.
ctplers99 English → Japanese
Original Text

10 gadgets that demonstrate the potential of the Internet of Music Things

Midem paid for part of Chris O’Brien’s travel to Cannes for the Midem Music Industry Festival, where he is participating as a startup competition judge. Our coverage remains objective.

The Internet of Things continues to be one of tech’s most closely watched phenomena. Everyone wants to stick a sensor into everything to control it and gather data.

Some of these can seem a little obscure, like smart objects to improve manufacturing logistics. But music is one area where we can all relate — and potentially benefit.

Translation

音楽のモノのインターネットの可能性を例示するガジェット10個

Midemは、Midem Music Industry Festival へ参加するためのChris O'Brien氏のカンヌへの移動費用の一部を負担する。Midem Music Industry Festivalにおいて、彼はスタートアップのコンペの審査員として参加する予定だ。弊社の報道は、客観的なものだ。

モノのインターネットは、今後も最も注目される技術の現象の一つである。誰もがあらゆるものにセンサーをつけて、全てをコントロールし、データを集めたいと思っている。

これらの中には、製造物流を改善するためのスマートオブジェクトのようなわかりにくいものもあるように思われるが、音楽は誰もが関わりを持つ一つの領域であり、恩恵を受けられる可能性がある。

ctplers99 English → Japanese ★★★★★ 5.0
Original Text

Baidu gets ticking with new search app for smartwatches

Chinese search giant Baidu has quietly launched a voice search app specially built for Android Wear smartwatches. The Baidu Watch app accepts voice input and gives back a snippet of text that displays on a smartwatch screen. Users can opt to tap the watch screen to open up a normal web page on their smartphones.

The audience for this new app is likely rather small, due to the wide-scale censoring of Google services in China, which makes it a challenge to use a Google-focused system like Android Wear.

Translation

Baiduがスマートウォッチ用の新しい検索アプリの開発を開始

中国の検索大手Baiduが密かにAndroid Wearのスマートウォッチ専用の音声検索アプリの開発を開始した。BaiduのWatchアプリでは、音声入力が可能になり、スマートウォッチの画面上に音声に該当するテキストが返される。ユーザーは、スマートフォン上で通常のウェブサイトのページを開ける時にwatch画面をタップして開くかどうかを選択できるようになる。

この新しいアプリは、中国においてGoogleサービスが広い範囲で検閲を受けていることから非常に限られた少数の利用者にしか使用されない可能性が高く、Android WearのようなGoogle主導のシステムを利用することが難しくなっている。



ctplers99 English → Japanese
Original Text

“Android-based smartwatches don’t work smoothly in China and that might discourage people from buying smartwatches,” says Kaiser Kuo, Baidu’s director of international communications. That’s why Baidu decided to make the app for China’s smartwatch enthusiasts, he explains to Tech in Asia. Kuo adds that future updates to the Baidu Watch app will see more search result widgets optimized for the watch screen so that there’s less need to get more information from your smartphone. Plus, the team is working on simple reminders that a user can give themselves or even send to a friend. “Like, a reminder to drink more water,” Kuo says.

Translation

「Androidをベースにしたスマートウォッチが中国ではスムーズに動かず、そのために顧客がスマートウォッチを買うことを思いとどまるようになっている可能性がある。」とBaiduの国際通信部の責任者であるKaiser Kuo氏は言う。そのようなことが理由となってBaiduは中国のスマートウォッチファンのためにこのアプリを作ることを決定したと彼はTech in Asiaに説明した。Kuo氏は付け加えて、Baidu Watchアプリは将来的にアップデートされ、スマートフォンから情報を得る必要性を減らすことができるように、ウォッチの画面に最適化されたより多くの検索結果を返すウィジェットを発表するだろうと言った。さらに、開発チームは、ユーザーが自分自身またはさらに友人にまでも送ることができるシンプルなリマインダの開発にも着手しているという。「例えば、もっと水を飲むようにするということを伝えるようなリマインダ」などをKuo氏は例に挙げた。

ctplers99 English → Japanese ★★★★☆ 4.0
Original Text

Xiaomi to raise over $1B, valuation could reach over $45B

NEWS BRIEF: Chinese smartphone maker Xiaomi is raising over US$1 billion in an investment round led by All-Stars Investment, a tech fund run by ex-Morgan Stanley analyst Richard Ji. Wall Street Journal broke the news, citing a person familiar with the matter. Xiaomi declined to comment. The round could close as early as Monday, and would bring Xiaomi’s valuation to over US$45 billion.

Other investors in the round include Russian investment firm DST Global and Singapore sovereign wealth fund GIC. Both previously invested in Xiaomi. Another investor is Yunfeng Capital, a private equity fund affiliated to Alibaba founder Jack Ma.

Translation

Xiaomiが10億米ドル以上の資金を調達、価値が450億米ドル越え

ニュース概要 中国のスマートフォンメーカーのXiaomiが元Morgan StanleyのアナリストRichard Ji氏により運営されている技術ファンドであるAll-Stars Investmentの投資ラウンドにて10億米ドルの資金調達を行っている。Wall Street Journalが事情に詳しい人物の言葉を引用して公表した。Xiaomiはコメントを控えている。このラウンドは、月曜日には早くも終わりそうであり、Xiaomiの評価額を450億米ドル以上に押し上げるだろうと見られている。

ラウンドにおいて、他の投資会社としては、ロシアの投資会社のDST Glorbalやシンガポールの政府系ファンドのGICなどが含まれている。両社とも過去にXiaomiに投資している。この2社以外には、Alibabaの創業者であるJack Ma氏とも関連のある未公開株式投資ファンドのYunfeng Capitalなどがある。


ctplers99 English → Japanese ★★★☆☆ 3.0
Original Text

Offline flash sales

Barra said that Xiaomi will do offline sales soon in India – sort of. The plan is to do what he calls offline flash sales (mirroring its online sales system) in India for the Redmi 4G. That will be done in partnership with Airtel. Look out for that early next month.

There will be more offline sales in Indonesia, such as the store-based sales done by local partner Erajaya. He reveals Xiaomi once sold 2,000 phones in one day in offline sales in just two stores.

Fewer than five percent of phones sold in Indonesia are sold online, he states, so there are challenges to being focused on ecommerce. “Perhaps we can be a driver” of ecommerce, he says.

Translation

オフライン販売

Barra氏は、Xiaomiはインドで近日中にオフライン販売を始める予定であると言った。この計画は、インドにおいてRedmi 4Gのオフライン販売(オンライン販売システムと鏡合わせでこう呼んでいる)と呼ぶものを行うというものである。この計画は、Airtelとの提携して行われる。来月初旬からの開始になるのでお見逃しなく。

地域のパートナーであるErajayaによって行われる店舗ベースの販売などで、これからインドネシアではより多くのオフライン販売が開催される予定である。彼が発表したところによると、過去にXiaomiはたったの2店舗で1日オフライン販売を行っただけで2000台の電話を売り上げた。

彼が言うには、インドネシアでは販売されている電話の5%以下しかオンラインで販売されておらず、そのためEコマースに重点を置くのは非常に困難である。「きっと我々はEコマースを広める起爆剤になることができる」と彼は言う。

ctplers99 English → Japanese ★★★★★ 5.0
Original Text

He went on to explain that Xiaomi wants to work very closely with the tech ecosystems in India and Indonesia in terms of startups, apps, and services. There are no deals sorted out yet, but he will talk a lot with startups to cook up something. An example from China is the way Xiaomi created the MiBand in partnership with a Chinese startup.

“It makes perfect sense to build in Indonesia,” he says – but that’s advice for hardware startups, not a statement related to Xiaomi. “I have high hopes for manufacturing in Indonesia,” he adds, and Barra advises local startups to get a Raspberry Pi and start iterating hardware in the same way they do with software.

Translation

彼は続けてXiaomiがスタートアップやアプリ、サービスなどの観点からインドやインドネシアにおける技術のエコシステムと非常に緊密に連携したいと考えていると説明した。今のところまだ契約などは結ばれていないが、スタートアップとよく話あって何かを作り上げるつもりだ。中国でXiaomiが中国のスタートアップと提携してMiBandを作り出した方法が良い例だ。

「インドネシアで製品を作るのは、非常に意義のあることだ」と彼は言うが、この意見はXiaomiに対してことではなく、ハードウェアスタートアップに対する助言である。「インドネシアで製造できればいいという高い期待を持っている。」と彼は付け加え、そして、Barra氏は、地域のスタートアップがRaspberry Piを入手し、ソフトウェアに対してやってきたのと同様のことをハードウェアに対しても行うように助言している。

ctplers99 English → Japanese ★★★★★ 5.0
Original Text

Privacy kerfuffle

“We can’t serve everything from China,” he says, due to issues like high latency and time-outs. That’s why Xiaomi opened a data center in Singapore and the US, and might do the same for India.

If “one of the indirect benefits of this move” is that non-China customers feel safer about privacy (avoiding the grasp of China’s government), then that’s a bonus, he explains. That’s a reference to the fears over Xiaomi’s online messaging service sending back data to China, which prompted the company to make the service an optional feature for people outside China.

Xiaomi currently sells phones in six countries aside from its home in China.

Translation

プライバシー騒動

「中国から全てのサービスを提供することはできない」と彼は言う。これは、長い待ち時間やタイムアウトなどのような問題があるためである。そして、それがXiaomiがデータセンターをシンガポールやアメリカに設立した理由であり、同じことをインドでもすることになるかもしれない。

この動きの間接的な利益の一つが、中国以外の国の顧客がプライバシーに関してより安心できる(中国の政府による情報の取得を避ける)ということであるなら、これは、追加のボーナスになると彼は説明する。これは、Xiaomiのオンラインメッセージングサービスがデータを中国政府に送り返しているのではないかということに対する危惧に言及しているのである。そして、この危惧のために、Xiaomiが中国国外の人々に対してサービスを任意の機能としてしか提供することができないようにしている。

Xiaomiは現在、本拠地である中国以外に6つの国で電話を販売している。

ctplers99 English → Japanese
Original Text

Xiaomi founder Lei Jun invests in huge housing project for young startups

Xiaomi founder Lei Jun is investing an RMB 100 million (US$16.3 million) series A round of funding into You+ International Youth Apartments. According to Techweb, the investment was completed in August.

You+, an apartment project aimed at entrepreneurs, was co-founded by Su Di, the founder of Beijing’s iconic Garage Cafe, a popular coworking space in the Zhongguancun tech and startup district of the city. Seeing that Chinese startups often cluster together in small areas, he wanted to create the housing project as a utopia for entrepreneurs.

Translation

Xiaomiの創業者であるLei Jun氏がまだ日の浅いスタートアップに対す巨大公営住宅に投資

Xiaomiの創業者であるLei Jun氏が1億人民元(1630万米ドル)のシリーズA資金をInternational Youth Apartmentに投資している。Techwebによると、投資は8月に完了された。

起業家を対象とした公営住宅であるYou+は、市のZhongguancun技術及びスタートアップ地区の中にある人気の共同作業スペースであり、北京の象徴でもあるGarage Cafeの創業者であるSu Di氏によって共同設立された。中国のスタートアップがしばしば狭い区域に集まって点在することを考慮して、彼は起業家のユートピアとなるような公営住宅を作りたいと思っていた。

ctplers99 English → Japanese ★★★★☆ 4.0
Original Text

While users are surfing on the internet, the WiFi connection tab will be displayed at the homepage of WeChat, enabling users to browse the details of connected public accounts in one click. In addition, WeChat will offer merchants various data in fields such as like daily visitors, or sent alerts to customers when they are approaching the stores. These data will enable retailers to derive business intelligence from real-time and historical WiFi analytics and convert customers into promoters via the integration of social channels.

WiFi service providers and third-party developers will also gain access to more data from public accounts, helping them to manage user accounts, and so on.

Translation

ユーザーはインターネットサーフィンをしていると、WiFi接続のタブがWeChatのホームページに表示され、これを使ってワンクリックで接続先の公式アカウントの詳細を閲覧できる。さらに、WeChatは売り手に日々のウェブ訪問者数を見たり、サービス対象店舗に近づけばお知らせが届いたりするように様々なデータを売り手に提供する予定である。これらのデータを使って、小売店はリアルタイム及び過去のデータのWiFiを使った分析によりビジネスインテリジェンスを取り出し、ソーシャルメディアを使うことで顧客を宣伝者に変えることもできるのである。

WiFiサービスプロバイダー及びサードパーティのディベロッパーも公式アカウントからより多くのデータにアクセスできるようになり、ユーザーアカウントなどを管理し易くなるのである。