Displayed are the past translation results requested in Conyac.
Conyac, the 24-hour crowdsourced translation service.

[Translation from English to Japanese ] Asia Is The World Leader In SMS Innovation: Here Are 8 Great Examples There’...

Original Texts
Asia Is The World Leader In SMS Innovation: Here Are 8 Great Examples

There’s a lot of talk these days about where Asia stands with Silicon Valley, and I’ve certainly tackled this topic a lot, but maybe we need to shift the discussion into areas where the Valley is not touching. As Dave McClure mentioned to me last month, the phenomenon of large social media networks or platforms with millions of users that make no money is unique to the Valley. It’s unique to there in part because there’s enough risk-taking money to sustain cockamamy schemes of bright-eyed, daring young entrepreneurs. Asian entrepreneurs, by contrast, grow up in considerably more practical circumstances. We don’t live in a world where over 60 percent of the population owns a smartphone. We live in a world where internet penetration sits around a 30 percent average, with countries like Japan, Korea, and Taiwan as the bright outliers. We live in a world where feature phones still dominate the landscape and will continue to do so for the years to come. This is the reality that Asians live in and the environment that Asian entrepreneurs have to build for. This is why it’s so fascinating to take a look at the innovation that we’re seeing on top of feature phones instead of smartphones. Of course, SMS isn’t as sexy as an iPhone app, but the fact is it impacts hundreds of millions of people – maybe billions in Asia – on a daily basis and it has untapped potential. Here’s a few cool examples we’ve covered: ・ZipDial – An interesting startup out of India that sends an ad to a user if they call a company’s number for info but then hang up right away. This leverages on a culture in India (and greater Asia) wherein people call each other and hang up before picking up the phone, thereby “missed calling” them just to notify them of something without being charged. Who’da thought you could build a business on top of that?

・SMS for a toilet – In Beijing, the municipal government is looking for ways to let citizens to text their telco to get the location of the nearest public toilet. ・Hauraa – The Indonesian government approved the issuing of SIM cards that come prepackaged with useful Islamic-related content. The SIMs will come with video clips and guides for practicing Islam.

・SetechViet – This unique company out of Vietnam built a little device that has a SIM inside of it. The S-Bike is designed to be installed inside of a motorbike and can give all sorts of data to users. If you call it, it will tell you the GPS location; if you text it, it can ring or turn off the motorbike. It’s also useful in the event of bike theft.

・Smart Txtbks – This awesome Filipino startup is packaging entire textbooks and learning materials straight into a SIM so that the material can be read as SMS. ・XL Axiata’s SMS sticker packs – This fun perk for mobile users out of Indonesia is packaging stickers and emoticons along with telcos, hoping that users will choose to download the stickers onto their feature phones. This brings the fun sticker packs from messaging apps like Line and KakaoTalk straight into SMS.

・VeXeRe – This new Vietnamese startup, instead of issuing paper tickets and doing booking online for buses, sends tickets to users straight to their SMS, deleting all the hassle of picking up or printing tickets. ・SMSGyan – This awesome Indian startup literally built Google for SMS. In other words, users can text the service and it will send back search info related to the text’s query. It got over one million users in the first 100 days of use.

This is just a small sample of a few of the really innovative and interesting initiatives and companies that are building on top of SMS. There are tons of others and they’re pushing the boundaries of how you can use something as basic and prehistoric as SMS to deliver services that people want and need. Even countries like Myanmar, which are now opening up, are able to do things like implement M-Pesa where no other country in the region can. At the latest Unicef hackathon in Ho Chi Minh city, many of the hackers quickly realized that if they wanted to build services that helped a greater part of the society, it made more sense to build something like a dashboard that could text to customers. In Thailand’s telco incubators they’re also hot on the trail of working on innovations that apply outside of just smartphone apps, leveraging on the telcos’ SMS services. In other words, we’re bound to see more of these unique innovations across the region. And because they come shipped along with the price tag of an SMS or a SIM, they must be practical from the get go. There is just no way that we would see this kind of innovation coming out of the US. All of their entrepreneurs are building for a post-PC smartphone and tablet world. In Asia, we have to build for both, the post-PC world and the pre-PC world, at the same time.
teruriyamawaki Translated by teruriyamawaki yyokoba Translated by yyokoba gorogoro13 Translated by gorogoro13 nobeldrsd Translated by nobeldrsd
アジアはSMSイノベーションを先導している:8つの良い例とは

シリコンバレーに対してのアジアの立ち位置はどこかという話題が盛り上がっており、それについては私も度々触れてきた。しかし、シリコンバレーが関係してない地域にてついて話をシフトしていく必要がある。Dave MaxXlureが先月こう言った。何百万というユーザーを持つ巨大なソーシャルメディアネットワークやプラットフォームが金を生み出さないことは、シリコンバレーのユニークな面である。野心を持った若い起業家がばかばかしい計画をしても、シリコンバレーには、リスクを冒しても良いくらい十分な金があることが最もユニークな点だろう。 一方アジアの起業家たちは、相当に現実的な状況で育ってきた。我々は人口の60%がスマートフォンを保有する世界には住んでいない。日本、韓国、台湾等の明らかな例外を除いて、我々はインターネットの普及率が平均30%程度の世界で生きている。我々はこれから何年もそうあり続けるように、まだフィーチャーフォンが優勢な世界に住んでいる。これがアジア人の生活の現実で、アジアの起業家が念頭に置かなければならない環境である。 これがスマートフォンよりもフィーチャー・フォンのイノベーションに注目する理由である。SMSサービスはiPhoneのアプリほど魅力的ではないだろうが、これは何百万人、ひょっとすると何十億人というアジアの人口の日常生活に影響を与える可能性を秘めている。以下はその興味深い一例である。 ・ZipDial ーこれは、ユーザが詳細を知る為に企業に電話をかけ、すぐに電話を切ると自動的に広告が送られるというインド発祥のおもしろいスタートアップだ。互いに電話をかけ合って相手が出る前に切ることで、「不在着信」を残し料金をかけずに相手に何かを伝えるということが当たり前のインド人(そして多くのアジア人)の文化を利用したものだ。この文化を利用してビジネスができるなど、誰が思いついただろうか?

・SMS for a toiletー北京では、市役所が市民に公衆トイレの場所をテキストで知らせる方法を探している。 ・Hauraa –インドネシア政府はイスラム教関連の便利なコンテンツを予め収めたSIMカードの発行を承認した。SIMカードには、イスラムの教えを実践するための動画やガイドが収められている。

・SetechViet –このユニークなベトナムの会社は、SIMが入った小型のデバイスを開発した。S-Bikeは、バイクに取り付け、ユーザに様々な情報が提供できるよう設計されている。呼出しすれば、GPSで位置を知らせ、メールを送ればバイクのクラクションを鳴らしたり、エンジンを切る事ができる。バイクが盗難にあった際も役に立つ。

・Smart Txtbks –このすばらしいフィリピンのスタートアップは、SMSとして教材が読めるよう、教科書や学習教材をSIMに丸ごと収めている。 ・XL AxiataのSMSスタンプパック– フィーチャーフォンにスタンプをダウンロードしてもらえるよう、通信会社と一緒にインドネシアのモバイルユーザ向けにスタンプや感情アイコンをパッケージにした嬉しい特典だ。これでLineやKakaoTalk等のメッセージアプリのように、面白いスタンプパックがSMSでも利用できるようになる。

・VeXeRe –この新しいベトナムのスタートアップは、バスを予約をオンラインで受け、紙のチケットを発券する代わりにユーザのSMSに直接チケットを送ることで、チケットの受け取りやプリントアウトする煩わしさを解消した。 ・SMSGyanーインド発のこの画期的スタートアップは、文字通りSMSのためのグーグルを開発した。というのも、ユーザが検索したいワードをこのサービスにテキストすると、その検索結果を送り返してくれるサービスだからだ。最初の100日間で、100万人のユーザを獲得した。

これらは、とてもイノベーティブでおもしろい取り組みと、SMS用の開発を進める会社の一例に過ぎない。この他にも、ユーザが求めるサービスを回春するために従来のベーシックなSMSの利用方法の境界を超えていこうとする会社が多数存在する。たとえ開発が始まったばかりのミャンマーのような国であっても、他国ではできないM-Pesaのような事を実践していくことができる。 少なくとも、ホーチミンシティのユニセフハッカーソンでは、多くのハッカーが社会の大部分を手助けするようなサービスを開発したいとすぐに考え始めるようになった。このことが、顧客にテキストを送れるようなダッシュボードのようなものを開発することに意味を持たせたのだ。タイの通信起業家たちは、スマートフォンアプリだけでなく、携帯用のSMSサービスを活用にイノベーションをもたらすような開発にも熱心だ。言い換えれば、これから私たちは、地域を超えたさらなるユニークなイノベーションを見ることができるだろう。SMSやSIMを付けて輸出すれば、最初から実用的になること間違いなしだからだ。 このようなイノベーションが、アメリカからも生み出されることは間違いない。すべての起業家たちがポストPCとなるスマートフォンやタブレットのための開発をしているからだ。アジアでは、ポストPCと準PC、両方のためになるものを同時に開発していくべきである。

Result of translation in Conyac

Number of characters of requests:
4867

Translation Language
English=>Japanese

Translation fee
$109.515

Translation time
about 9 hours

Freelancer
Starter
フリーランス翻訳/通訳
*英語→日本語 *インドネシア語→日本語

エンタメ、ファッション、旅行関連、映画、環境問題、社会問題等が得意分野です。
あなたの翻訳をぜひお手伝いさせてください。
Freelancer
Senior
日本語<>英語
Freelancer
Senior
ネット動画で外国のニュースや情報を収集するのが趣味です。
英語とネットが色々な分野で世界をつないでいると実感しています。
これら2つについてもっと学んでいこうと考えています。
Freelancer
Starter

Conyac translation costs USD$0.015 ~ per 1 character.
For translations into English, Japanese, Chinese, and 66 other languages we have 122,000 translators ready to handle your request.
Just three steps until your request is complete!! (approx. 3 mins.)