[日本語からロシア語への翻訳依頼] うちわは中国からの伝来ですが、扇子は日本で誕生しました。初期の扇といわれる檜扇(ひおうぎ)は古い形態のもので、木簡(もっかん)といわれる細長く薄い木の板を...

この日本語からロシア語への翻訳依頼は [削除済みユーザ] さんの 1人の翻訳者によって翻訳され、合計 1件の翻訳が投稿されました。 依頼の原文の文字数は 373文字

activetestによる依頼 2014/03/18 15:05:42 閲覧 3464回
残り時間: 終了

うちわは中国からの伝来ですが、扇子は日本で誕生しました。初期の扇といわれる檜扇(ひおうぎ)は古い形態のもので、木簡(もっかん)といわれる細長く薄い木の板を綴り合わせています。時代とともに洗練され、扇面は上絵で飾られ貴族の女性が顔を隠したりするのにも使われました。

やがて竹や木の骨に片面だけ紙を貼った扇子が考案され「かわほり」と呼ばれるようになります。紙が両面に貼られたスタイルになったのは鎌倉時代。

[削除済みユーザ]
評価 50
翻訳 / ロシア語
- 2014/03/18 17:32:28に投稿されました
Ручной простой круглый вентилятор передали из Китая, а Азиатский ручной вентилятор, родился в Японии.
первоначальный вентилятор говорят "Хиоуги" был старой формы, и объединяются тонкий дльный деревянный доски говорят "Моккан".
ручной вентилятор стал больше усовершенствован в течение долгого времени, и стали украшают его бока накартинке.
он был изпользован для богатой женщин даже скрыть их лица.
теперь, кто то придумали новый стиль, этот вентилятор только одна сторона придерживаться бумаги на скелет из бамбуки и дерева. и стал звать его "Кавахоли" . Когда период Камакура стал стиль что бумага приклеивают на обе бока скелета.

室町時代には現在の扇子の基本が確立され、江戸時代頃に庶民に普及。扇子は主に儀礼用、挨拶の道具として重用され、婚礼、七五三、茶道、舞い、能狂言など用途に合わせて発展していきます。江戸時代後期にはインドやヨーロッパに輸出され、日本の扇は世界でもてはやされました。戦前の大恐慌まで、絹を貼ったシルク扇(せん)が日本の輸出品の優等生である時代が続きました。

クライアント

ビジネス目的などより専門性の高い翻訳にはStandard翻訳

  • Word、Excel、PowerPointなど様々なファイル形式に対応
  • 文字数の上限がなく、素早い納品
  • よりスキルの高い翻訳者が担当

まずはお気軽に
お問い合わせください。