Conyac で依頼された翻訳結果を公開

[日本語から英語への翻訳依頼] 本論文では,プログラミング言語研究において,許容度合いの観点からみて十分に考慮されてこなかった部分を補う2つの言語を提案する.1つは,プログラミングに関心...

翻訳依頼文
本論文では,プログラミング言語研究において,許容度合いの観点からみて十分に考慮されてこなかった部分を補う2つの言語を提案する.1つは,プログラミングに関心がないユーザでも,いつのまにかプログラミングをしてしまっているようなデザインを目指した「File Based Programming」である.File Based Programming は,既存の Windows Explorer に ``実行ボタン'' を追加し,ファイルの移動や,追加といったユーザの見知った操作で プログラミングすることを可能としたものである. もう1つは,ユーザの曖昧な記述をコンパイラが極限まで許容することで,ユーザと対話しながらプログラミングを行う新たなスタイルを提案する「108107」である.従来のプログラミングでは厳密で正確な記述により,1 つの実行結果を確認しながら開発を行うものだった.本論文で提案する「108107」では,ユーザの曖昧な記述から複数の解釈が考えられる場合,その全ての実行結果の可能性を確認しながら開発を行うことができる.
brother346 brother346さんによる翻訳
In this article, we suggest two languages to supplement the part which has not been considered enough from a point of view of tolerance in a programming language study.
One is "File Based Programming" which aimed to the design which even the user who is unconcerned about programming can start programming without notice.
File Based Programming has the added "practice button" to existing Windows Explorer, and enabled us to program by the operation that the user is used to know, such as movement and addition of files.
The other is "108107" which suggests the new style that we do programming while talking with the user, the compiler permitting the vague description of the user to the maximum.
In the conventional programming, we developed it while confirming one practice result by a close, correct description.
In "108107" which we suggest in this article, when plural interpretation is possible by the vague description of the user, we can develop it while confirming the possibility of all the practice result.

Conyac で翻訳した結果

依頼文字数
465文字
翻訳言語
日本語 → 英語
金額 (スタンダード依頼の場合)
4,185円
翻訳時間
1日
フリーランサー
brother346 brother346
Starter