トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 New ReShare お問い合わせ

インド人がアメリカ人のように話せたら

File?width=400&height=400 ord.yahoo.co.jp

世界有数のアウトソーシング受託国インド。時差や英語話者層の厚さ、また人件費の安さを強みに、主に米国のコールセンターと化している。ただ課題もある。記事によると、オペレーターのインド訛りが強く、聴き取りに苦労する顧客が後を絶たない。米国人並みに流暢に話せるようになるには時間がかかりそうだ。一方、上層部はそのためにビジネスチャンスが他のアジア諸国に奪われる懸念を否定。しかし今後は価格競争より品質向上に向け言葉遣いの訓練が必須かも。音声が頼りの電話で英語の多様性を説いても無理な話か。

記事の情報を元にnemonaoさんがまとめた情報です。記事の詳細につきましては、記事元をご確認ください。
記事元 : Asia Times Online - The best news coverage from South Asia

この記事をまとめた人

File?width=80&height=80&mode=crop

nemonao

31年間OLをしていました。早期退職を機にライフワークとしての翻訳業に取り組みたいと考えています。「生涯学ぶ気持ちを忘れずに」がんばりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
  • 1
  • 0
File?width=48&height=48&mode=crop
nemonao  3ヶ月前

残念ながら昨日をもちましてリシェアが終了してしまいました。多くの方に拙文を読んで頂けたことにこの場をお借りして御礼申し上げますと共に、皆さんの今後のご活躍を願っています。nemonao

このReShareをアプリで読もう