トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 New ReShare お問い合わせ

罪深き纏足(てんそく)の真実―中国

File?width=400&height=400 img1.gtimg.com

過去、纏足を施した足は「三寸金蓮」と呼ばれ、良家の娘のステータスであった。5、6歳から親指以外の指を内側に折り曲げ、布を巻き足を変形させた。
纏足は歴史上、何度も禁止された。特に辛亥革命後、纏足禁止令が発布され、都市部から農村にかけ徐々に廃れていった。現在でも「半纏足」の足は見られるが、本物の三寸金蓮を目にできる機会は減ってきている。纏足の風習は、中国古代の独特な審美基準と男尊女卑の社会構造の結合の表れだ。纏足の消滅は女性の解放と地位向上、中国の過去から現代への歩みの証である。

記事の情報を元にsailouheiさんがまとめた情報です。記事の詳細につきましては、記事元をご確認ください。
記事元 : 组图:揭开罪恶“三寸金莲”的真实面目_儿童_腾讯网

この記事をまとめた人

Avator?width=80&height=80&mode=crop

sailouhei

雑誌編集、翻訳ライター、広告代理店勤務等の経験があります。 日本語フリーマガジンの取材、記事執筆、翻訳経験あり。(中国語→日本語) レコードチャイナ記事翻訳経験あり。 中国系大手広告代理店に三年間勤務し大手自動車メーカーのPR関連の企画書、決裁書、報告書、役員あいさつ等の翻訳を行ってきました。
  • 0
  • 0
このReShareをアプリで読もう