トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

これでウユニ塩湖に行ける!?超簡単に使える旅行スペイン語10個

 南米といえば、ウユニ塩湖とか、マチュピチュとか、イグアスの滝とかが有名ですね。最近は旅行で南米に行った人がFacebookに投稿したりして、その絶景を見る機会も増えて、うらやましいと思ったりしませんか?ただ南米はスペイン語圏であり、多くの国で英語が通じないことも…。ですが、心配ありません。ここで僕が南米バックパッカー中によく使ったスペイン語のフレーズをお教えしましょう。安心して南米に行ってウユニってください。

ウユニ塩湖_旅行_スペイン語


1. ¡Hola!(オラ!)

 『こんにちは!』とか『やあ!』という意味です。最頻出ワードのひとつです。ちょっと人に声をかけたい時はオラから始めるといい感じです。

2. Soy de Japon.(ソイ デ ハポン)

 『日本から来ました』という意味です。まず、アジア人というだけでも珍しいので、よく ¿De dónde?(どこから来たの?)と聞かれます、そういう時に使いましょう。

3. Sí/No (シー / ノー)

 『Yes/No』です。相手に何か聞かれたときにこのどちらかで答えられるように覚えておきましょう。SiはYesと同じ意味なので、よくあいづちとして使われます。「うん、うん」のように「Sí、Sí」といった感じです。

4. Por favor(ポル ファヴォール)

 『お願いします』という意味です。最頻出ワードのひとつです。Un cafe por favor. (コーヒーください) のようにモノ+Por favor でたいていのお願いごとができます。最強です。

5. Bien/Mar (ビエン/マール)

 『いいね/悪いね』の意味です。 とりあえず、地元の人にフルーツとかもらったら Bien! Muchas gracias! と言っておきましょう。 英語のあいさつで A: How are you doing? B: Good! とあるように、スペイン語でも A: ¿Cómo estás?(ご機嫌いかが?) B: Muy Bien. ¿y tú? (とてもいいよ。君は?) みたいに使います。

6. ¡Muchas Gracias! (ムーチャス グラシアス!)

 どうもありがとう!の意味です。グラシアスだけでもいいですが、語感がいいので僕はムーチャス グラシアスと言っています。食事を終えてお店を出るときや、サービスをしてもらった時に使います。

7. ¿Cuánto cuesta?(クアント クエスタ?)

 『これいくら?』という意味です。最頻出ワードのひとつです。露店なんかでは値札がついているもののほうが少ないですし、タクシーにもメーターはついていません。空港から宿まで行くタクシーから交渉はスタートします。¿Cuánto cuesta ir a este hotel?(このホテルまでいくら?)と言えるようにしておきましょう。

8. ¿Dónde está el Baño?(ドンデ エスタ エル バニョ?)

 トイレどこですか?の意味です。南米に行くならお腹を壊す事もあります。どこにでもキレイなトイレがあるわけではありません。紙も小銭で買う必要があります。生理的な現象は旅につきものです。¿Dónde está~?は覚えておくととても便利なフレーズです。

9. ¿Qué es esto?(ケ エス エスト?)

 『これは何?』という意味です。奇妙な食べ物やよくわからないオブジェを指差して使います。¿Qué es~?で覚えるといいです。

10. No sé.(ノ セ)

 『わからない』という意味です。¿Qué hola es?(何時ですか?)と聞かれて、わからない時に『ノ セ』と使えます。

 スペイン語は英語と違う発音をしたり、単語自体が全く似ていなかったりするので、とっつきづらいイメージはありますが、一定のフレーズを覚えるとどんどん話せるようになるかと思います。最後に、切り札として相手が英語を話せるかどうか確認するために¿Habla inglés?(アブラ イングレス?)と聞くのもありです。

Written by Fukuson

海外情報 日本語 2013/11/14 17:48:06
併せて読みたい