トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

エキサイト翻訳、Google翻訳で変な翻訳文にしないための4つのコツ

仕事でも勉強でも趣味でも「日本語の文章を英語にしたい!」というタイミングがありますよね。
そんな時、あなたはエキサイト翻訳やGoogle翻訳を使っているはずです。



自分で翻訳する時間がない方はConyacを使ってもらえれば、缶ジュース一本の値段から速攻で翻訳結果が手に入りますが、時間があって、たまには機械翻訳を駆使して頑張って英文を書いてみたいと思う方もいらっしゃるかと思います。

でも、エキサイト翻訳とかGoogle翻訳みたいな機械翻訳って...変な翻訳結果になりますよね。
せっかくなので今回は、Google翻訳を使うときに僕がやっている「機械翻訳で失敗しない翻訳のコツ」をお伝えします。

1. 一文の中に「主語」と「動詞」と「目的語」を必ずいれる 

日本語の文章のほうに必ず「私は、私が、彼が、彼女が」といった主語をいれるようにしましょう。 主語をいれない場合、本来は主語が「 I (私)」のつもりだったのに、英訳の主語にItが勝手にあてられたりします。 

たとえば「この文章を翻訳する予定だ。」という文章は、「It is expected to translate this sentence.」と英訳されてしまい、「この文章を翻訳することが期待される。」になります。 

 しっかり「私はこの文章を翻訳する予定だ。」と入力すれば「I'm planning to translate this sentence.」という英訳になります。 もちろん、すべての文章に主語をいれると、日本語としては少し違和感があると思いますが、意味が正確な翻訳文になります。 

2.  漢字を使える部分にはなるべく漢字を使うようにする

たとえば「この薬は効いたことが無い」という日本語を「この薬はきいたことが無い。」と書くと「I've never heard this medicine.」になってしまいます。漢字の「効く」と「聞く」を書き分けることで正確な英語に翻訳することができます。 

3. 翻訳する文章はシンプルに保つ

翻訳する原文はなるべく短く、シンプルにしましょう。ひとつの文章にひとつの接続詞といったイメージです。接続詞が2つ以上になったら、もうまともな英訳にはならない可能性が高いと考えて下さい。また、せっかく主語や動詞、目的語をちゃんとつけても、修飾語が多いとまともな翻訳は期待できなくなります。

4. 長文の翻訳に上のコツは使えないのでGoogle Translator Toolkitを使う


Goole翻訳者ツールきっと

論文や日本語の記事を英語に翻訳したりする時に上のようなコツはいちいち使えませんよね。なので、少し手間はかかりますが僕はGoogle Translator Toolkit(翻訳者ツールキット)をおすすめします。これは長文翻訳をするための無料ツールなので、ドキュメントファイルアップロードやURL先の全文翻訳、長文テキストの貼り付け、動画(字幕)アップロードなどに対応しています。とりあえず、長文すべての文章をgoogleの機械翻訳で翻訳してしまって、おかしいところは対訳を見ながら自分の好きなように修正することができます。なので長文の単語をまずは全部翻訳してしまって、後々文法は自分で修正するというやり方が一番早いかと思います。ぜひ論文などの長文翻訳に活用してみてください。

時間がなく、人力翻訳をお願いしたい時はぜひConyacで!

ここまで読んで、機械翻訳でやるのはやっぱり面倒だと思った方はぜひConyacで世界中の翻訳者に依頼をしてみてください。簡単なメール文章なら1時間以内に、1,000文字以上なら数時間で、あなたが思っている以上に早く、丁寧な翻訳結果がすぐに手に入ります。
翻訳する手順はとっても簡単!まずはConyacに無料登録して始めましょう。

 written by fukuson

追記
Google翻訳で多言語化した場合の弊害を書きました…
Google翻訳(自動翻訳)で翻訳されたコンテンツはWebサイトにとって危険?
翻訳者 日本語 2014/01/20 13:09:20
併せて読みたい