トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

英会話と英文の添削に使える英語学習サービスはこの3つ!

英語学習に使える便利なサイト3つとその特徴

英会話の勉強

オンラインで隙間時間に英語学習

 最近の日本は社会人はもちろんのこと学生から主婦まで英語から逃れらない社会になりました。かくいう私も、仕事で英語が必要となり数年前から色々とオンラインの英語学習を試していますが、オンライン学習はコスト削減、時短の観点から使い方によってはメリットが沢山あります。私が現在利用しているのは、次の3つのサイトです。

1.英語をとにかく話して聞いて慣れる”Rare Job”

レアジョブ

 レアジョブはなんと言っても授業料が25分129円~と格安です。1回の授業時間が25分というのも、まとまった時間が取れない多忙な社会人には丁度良い長さです。授業は早朝6時から深夜12時30分スタートの授業まで予約ができるので、隙間時間を有効利用できます。

 講師には日本語が分かる先生を選ぶこともできるので、初心者にもお勧めです。授業内容は柔軟なので、英語でのプレゼンの相談から隙間時間のフリーコンバーセーションまで対応して貰えます。英語の環境に浸るのには、このコストパフォーマンスと内容は最高です。

2.オーダーメイドに目的に応じて英語を学ぶ”Enjoy Lesson”

エンジョイレッスン

 このサイトは語学学習を提供してくれる講師と英語を学ぶ学生をマッチングするサイトです。先に紹介したレアジョブはコストパフォーマンスは最高なのですが、講師を固定することができません。自分の英語の弱点をコンスタントに改善するために、私はこのサイトも利用しています。このサイトでは、授業を提供する講師のバックグランドもチェックすることができるので、自分の目的にあった講師を探すことも容易です。

 私は、このサイトで見つけた発音矯正を得意とする講師に発音矯正の授業をお願いしています。講師が固定されるので、講師は毎回の授業をチェックして、私のレベルにあった授業を提供してくれるので効率も良いです。このサイトでは、講師が自由に授業料を設定していますが、ほとんどの講師がトライアルレッスンを提供していますので、レッスン内容に納得してから契約を結ぶことが可能です。

3.外国語のライティングを学ぶなら”Lang-8”がお勧め!

ラングエイト

 Lang-8(ランゲート)は世界各国の言語を学ぶ学習者が、投稿された記事を添削し合うサイトです。学習者が投稿した母国語以外の記事をネイティブの会員が添削してくれるので、より自然な文章に仕上がります。

 このシステムの欠点は、学習者間のボランティアでの作業なので、本当に自分が意図するような内容に、添削がなされているかわかるようなレベルに、利用者がなければならないことです。全く英語の知識がなければ、そもそもどんな内容に添削されたのか理解のしようがないのですから、オフィシャルな場面で使う英語の添削であれば安易に使わないほうが無難です。私は、もっと自然な言い回しはないだろうか、このような作文で相手に意図が通じるだろうかという確認作業の為にこのサイトを使っています。

Written by Guest writer

語学 日本語 2013/11/14 17:46:29
併せて読みたい