トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 New ReShare お問い合わせ

Conyacの活用で、ビジネスメールに信頼と自信を!Dendron Exterior Design様

Dendron Exterior DesignのJenny Feuerpeil氏にインタビューをさせて頂きました。数ヶ月前からDendron Exterior Designは、Conyacを欠かせないビジネスツールの一つとして活用して下さっています。国際的な展望や、細部に気を配るDendron Exterior Designの姿勢には、Conyacの『世界中のユーザーに素晴らしい体験を届けたい』という理念と同じものを感じていました。そして今回、Dendron Exterior DesignのCEOとファウンダーであるJenny Feuerpeil氏を招き、私達のサンフランシスコオフィスにて、Conyacを使用した経緯や彼女の意見を共有していただきました。


インタビュアー:Una Softic


DSC_0054 (補正後)


Dendron Exterior Designはどういったサービスを提供していますか?

Dendron Exterior Designはガーデンニングデザインを提供しており、ガーデニングデサイナーである私自身によって、国際的なサービス展開をはかっています。

 

あなたのサービスの専門性を高めているのは何ですか?

以前、ドイツにあるグローバルIT会社でソフトウェアのセールスをしていましたが、私自身が持つ、デザインに向けられた情熱、嗜好である空間作成、旅心などのスキルを合わせて、職業的に発展をしていくことにしたのです。また専門的なガーデニングデザインを学ぶために、イギリス・ロンドンにあるデザインスクールに通いました。

 

Dendron Exterior Designを創業したあとは、より材料選別の能力を身につけるため、そして空間認識や細部に拘る能力を学ぶために、来日しました。2010年から2013年にかけて、私は個人的にだけでなく、デザイナーとしても大きく成長することができました。そして現在、ここサンフランシスコにて、新しいデザインへのアプローチ、新たな国際的なガーデニングデザインのイメージに沿う植物原料を選ぶのに躍起になっています。


Conyacをどのように活用していますか?

私はドイツ語のネイティブ・スピーカーです。英語を流暢に話すことができ、いまは日本語を熱心に勉強しています。日本語の能力に関しては、日本語能力試験2級に合格することができましたが、未だにビジネスメールを書く際にとても苦戦しています。そのため、Conyacは主に連携をしている東京のガーデンデザインスタジオと京都にいるビジネスパートナーと連絡を取る際に利用しています。そして実は、今後日本の伝統的なガーデニングを学ぶために何ヶ月か京都に滞在しようと考えております。なので、より多くの敬語を用いたビジネスメールを書く必要性が出てくるかと思います。日本語の敬語を使いこなすのは外国人にとってとてもむずかしいので、Conyacを使って時間を節約し、そして訳された良いお手本をみて、さらに日本語の勉強を深めていきたいです。 

   

Conyacを会社に紹介した動機は何でしたか?

Conyacは、友達の紹介によって知りました。Conyacを使う前は、日本語でビジネスメールを書くことに時間割きすぎていて、いくらチェックをしたとしても、ビジネスメールの内容が合っているかどうかの確信がもてませんでした。Conyacのおかげで本当にたくさんの時間を節約することできただけでなく、日本語のネイティブによる自然な言い回しのビジネスメールは日本のビジネスパートナーとの関係により敬意を払うことができるものだと信じています。    
 

Conyacを使った印象はどうですか。

Conyacは信じられないぐらいに早く、自分のお気に入りに登録した翻訳者の方を選ぶことで、とても良い結果を得ることができます。

 

Conyacで一番好きな機能はなんですか?

翻訳者をお気に入りリストに追加できることです。これにより翻訳の水準を一定に保つ事が出来るので、信用のある結果を得ることができます。

 

Conyacで改善する点についてなにか意見はありますか?

時々、ビジネス向けの翻訳でもパーソナル翻訳みたいに2人の翻訳者を付けられるようになればと思います。クオリティー上の問題ではなく、2人目の翻訳者が違うトーンで翻訳することによって、その時のシチュエーションに沿う方を選ぶことができるからです。

 

これからもConyacを使い続けますか?

もちろん!


どんな方や企業にConyacをおすすめしたいですか。

日本人のデザイナーの多くは、英語をしゃべる時とても恥ずかしがります。これでは個人と異なる文化圏との間のランゲージバリアを生み出してしまいます。インテリアデザイナー、ファッションデザイナー、建築士、ガーデニングデザインに関わらず、1人のデザイナーとして、わたしたちは日本のデザイナーから学ぶべき点はたくさんあります。わたしはこのサービスを他の日本にいるアーティスト、デザイナー、ガーデンナーやライターのみなさんにぜひ使ってほしいと思っています。

インタビュー 日本語 2013/11/14 17:45:29
併せて読みたい