トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

【必見!】機械翻訳サービスを使うその前に、絶対に知っておきたい注意点とは?

いつもConyacをご利用ありがとうございます。Conyac Supportです。

近年、機械翻訳の精度が向上し、これまで以上に外国語で書かれたものを手軽に理解することができるようになりました。その一方で、機械翻訳サービスを利用する上で、気をつけないといけない点があるのはご存知でしたか?今回は、機械翻訳サービスを使うその前に、絶対に確認すべき注意点についてお話ししたいと思います。

①機械翻訳サービスの利用規約、事前に確認していますか?

つい手軽だから、辞書で調べるより早いから、そのような理由で機械翻訳サービスを利用している方もいるのではないでしょうか?

しかし、機械翻訳サービスの利用規約では、成果物の利用範囲が細かく定められており、私的利用以外での翻訳サービスの利用や、引用、改変などが一切禁止されている場合もあります。そのため、それらの成果物を翻訳に流用することは、著作権に抵触する恐れがあり、大きなトラブルの原因になりえます。

私的利用の際でも、機械翻訳サービスを使用する前にはからなず利用規約を確認し、利用範囲を理解した上でサービスを正しく使いましょう。

②機密保持契約を結んでいる場合は要注意!損害賠償の可能性も?

また、翻訳のお仕事ではビジネス関連の内容がとても多く、企業の機密情報などを扱う機会も少なくありません。機密保持契約をクライアントと結んでいる場合、機械翻訳サービスを利用することによって、契約の当事者ではない第三者となるサービスに、機密情報を送信していることになります。このような行為も、機密保持契約違反となってしまいます!

機械翻訳サービスを利用したことにより大きな問題に発展した場合、その責任はサービスを利用した本人に課せられることになりますため、場合によっては損害賠償が請求される可能性もあります。

機械翻訳サービスを使った方が楽だから、ちょっとくらい使ってもバレないだろうなどと、安易に使用してしまう前に、一度立ち止まってみることも大事です。

③Conyacでも機械翻訳サービスが使える場合と、使えない場合があります!

Conyacからお仕事の依頼を受ける際も、Standard依頼、Light依頼では機械翻訳サービスの成果物を使用することが、Conyacの利用規約第12条(禁止行為)の6項において禁止されています。

Market依頼に関しては、契約の当事者である依頼者から、機械翻訳サービスの利用に関する許諾がある場合のみ、利用が可能です。機械翻訳サービスの利用前に、必ず依頼者の許諾を得るようにしましょう。また、その際は、機械翻訳サービスの利用規約の確認をお忘れないようご注意ください!

機械翻訳サービスはとても便利で画期的なツールではありますが、サービスの利用規約や著作権、機密保持契約など注意すべき点が多くあるものも事実です。これらの点をしっかり認識し、引き続きConyacを正しくご利用いただけますと幸いです。

もし、不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。
語学 日本語 2017/04/19 19:08:00
併せて読みたい