トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

【最新機内食!】アレルギーやベジタリアンにも対応!

飛行機を利用する際、気になるものの1つといえば機内食。座席の場所と共に、フライト中の快適さを左右する大事なポイントですよね。 

通常の機内食は油が多く使われていたり、炭水化物や動物性たんぱく質の割合が高かったりして、あまり食欲をそそられないと思っている人もいるかもしれません。それに選べるのが牛肉か鶏肉だったとしたら、どちらも好みでなければ困ってしまいますよね。そんな時、助けになるのが、事前の申し込みで利用できる特別機内食です!今回は、どこの航空会社でも提供されている代表的なものを紹介します。 

特別機内食はアレルギー対応食、赤ちゃんと子供向けの食事、ベジタリアン向けの食事、宗教対応食、健康に配慮した食事の5つに分かれます。

 

1. アレルギーの人も安心して食べられる機内食!

アレルギー対応食は7大アレルギー物質(小麦、蕎麦、乳製品、卵、落花生、エビ、カニ)を使用しない食事と、その他のアレルギーを引き起こす可能性のある食物を使用していない食事を指します。食物アレルギーがあると外食の際にも下調べが重要ですが、こうした対応食が提供されていると気持ちの面でもとても楽になりますね。

2. 赤ちゃん・子供が大喜び♪

赤ちゃん向けには瓶詰めの離乳食、子供向けには彩りよく可愛らしく整えられたメニューにおもちゃがついているなど、工夫が施されています。長いフライトも安心ですね。  

 3. ベジタリアンも楽しめる!

ベジタリアン向けの食事には卵や乳製品を使ったベジタリアンミール、動物由来の原材料を一切使わない厳格なベジタリアンミール、乳製品を使ったベジタリアンヒンズーミールがあります。いずれもスパイスの効いたインド風のメニューであることが多い為、乗り物酔いしやすい人は気を付けましょう。

4. 日本の航空会社も各宗教に対応。

宗教対応食はヒンズー教、イスラム教、ユダヤ教、ジャイナ教の戒律に則って作られるものです。 

5. 健康重視の減塩機内食!

健康に配慮した食事は糖尿病対応、低塩、低脂肪、低カロリーのもの等があります。こちらの食事は長時間のフライト中になるべく消化の良いものを口にしたいという人にぴったりなので、日頃から健康に気を遣っている人は一度試してみてはいかがでしょうか。 

いかがでしたか?今まで食事が悩みの種だった方も、特別機内食があれば、もっと海外旅行が楽しくなりそうですね♪各航空会社によって様々な特徴があるので、ぜひ事前にチェックしてみてください。

Written by R.S
海外情報 日本語 2015/06/01 17:30:00
併せて読みたい