トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

「禁断の恋」や「秘密の2人」など恋愛コンテンツを世界展開するその舞台裏とは!?アクセーラ株式会社 堀内様vol.1

女性向け恋愛ゲームや、恋愛診断など、恋愛に特化することによって、急成長を続けているアクセーラ株式会社さん。なぜ女性向けなのか、日本の恋愛ゲームは海外ではどのような反応で迎えられているのか、取締役の堀内様に伺って来ました。
インタビュアー:梅原文(株式会社エニドア)

アクセーラ_堀内

世界共通、誰にでもある悩み「恋愛」をゲームに絡めた

私たちは、女性向けの恋愛ゲームや、恋愛診断などのアプリの企画・開発をしている会社です。
コンテンツ事業部を立ち上げてから今までで、約200本くらいのアプリを制作しています。本格的に始めたのは3年前です。その前は細々と制作していました。

恋愛というのは世界共通、誰にでもある悩みなので、多くの人に遊びながら共感してもらえると思ったからです。恋愛というキーワードを絡めてできれば、ゲームでも占いでもいいと思っています。始めた当初からゲームとゲーム以外のコンテンツが半々ぐらいだったので、これからもそうやっていきたいですね。

Conyacを最初に知ったきっかけはサムライインキュベートの榊原さん

サムライインキュベートの榊原さんから紹介して頂いたのが最初ですね。
榊原さんには株式会社ベリーグッドという恋愛専門のクラウド占いサービスに出資をして頂いて、いろいろとお世話になっています。その縁でエニドアさんを知りました。海外展開していくことは考えていたのですが、やはり翻訳の部分がネックになっていたので。

人気タイトル『禁断の恋』は英語に翻訳してから、他の言語に翻訳した

具体的には『禁断の恋』という日本でヒットしたタイトルがあって、それを英語に翻訳するのにConyacを使いました。アプリを構成しているテキスト全体に利用していますね。シナリオとか、ボタンとか、デザインの中に言葉が入っている部分とか。
まず、最初に英語に翻訳してもらって、その後に他の言語に翻訳しました。

ゲームを他言語に翻訳する優先順位は英語よりも韓国語が高い

ニーズがあるであろうというものを事前に調査していて、それに基づいて言語を選んでいます。
いろいろなセミナーなどで一般に公開されている情報を参考にしています。だいたいのセミナーでは、1番目が日本で、2番目が韓国、3番目が英語で、4番目が中国語繁体字(台湾)とか。そういったセミナーで紹介される優先順位などを参考にしている感じですね。

女性向けのアプリが受け入れられる国を意識する

正直、やってみないと分からないという部分があるので、客観的に出ているデータをもとに多言語化を進めています。ただ、アプリの内容が女性向けですので、受け入れられやすい国というのは意識していますね。

例えば、アメリカ、台湾、韓国、香港、シンガポール、マレーシア、フィリピンなどです。実際に海外展開してみたものの、予想に反して利益を伸ばせないこともありました。ただ、それは現地のインフラの影響だったりしますね。

例えばインドネシアの場合、クレジットカード決済が普及していないんです。みんなプリペイドカードを使っているんですよ。そのため、現在のクレジット決済だけだと、みなさん購入出来ないんです。それをケータイのキャリア決済に出来れば、クリアできる問題だったりしますね。

時期がくれば伸びる可能性があるということ?

伸びます。絶対に伸びますね。それに関しては自信があります!


堀内 大 
みずほ銀行にて、中堅中小企業向けの融資営業に従事。 その後、インターネット事業の立上げを行い、東証一部上場企業へ事業譲渡。 その後、エフルート株式会社においては上場準備担当として主幹事証券会社および監査法人対応に従事、2008年アクセーラへ参画。 コンテンツ事業部の立ち上げを行う。 制作実績『激辛!恋愛相性診断!』『あなたの恋愛診断!』『あなたの取扱説明書』『禁断の恋』『秘密な2人』など多数。合計で200アプリ制作。全世界で2000万ダウンロードの実績あり。
インタビュー 日本語 2013/12/03 20:17:54
併せて読みたい