トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

インターネットの巨人がつくる『Google翻訳』は200億程度の語から成る!?【無料翻訳】

皆さんご存知のとおり、Google翻訳はGoogle社が提供する自動翻訳です。ただ、多くの人は自動翻訳の、もっと便利な機能について知っていますか?今回は「知っていたら得するgoogle翻訳のより詳しい機能」をご紹介します。

Gooleの自動翻訳は大量の翻訳テキストを使ったアルゴリズム

以下、Wikipediaより。

 ”Google翻訳はGoogleが提供する翻訳サイトで、テキストの一部分、もしくはウェブページを別の言語に翻訳する。ただし、翻訳できる段落の数、専門用語の範囲には限りがある。いくつかの言語では、専門用語などについてより良い訳語をユーザーに提示してもらっており、これを将来の翻訳プロセスのアップデートの際に含める予定である。 Babel FishやAOL、Yahoo!などの内部的にSYSTRANを使う翻訳サービスと違い、Googleは独自の翻訳エンジンを使っている。 Googleの翻訳エンジンは、機械翻訳の中でも統計的機械翻訳という手法を用いている。この手法は、the United Nations Documentsをコーパスとして磨かれてきた。このコーパスは二百億程度の語から成る。元となる資料と、これを目標の言語に訳したもの(国連の翻訳者の手によるもの)とを使ってパターンを探り、それから翻訳に必要なエキスパートシステムを作るのである。”
 壮大な200億程度の語から成る

 ...さすがGoogle先生です

Officeファイルも長文も翻訳できる?翻訳を効率化する2つの機能!

ドキュメント翻訳

文書ドキュメントや表計算ドキュメントをアップロードするだけで内容をそのまま他言語化してくれる翻訳機能です。

google翻訳_ドキュメント

翻訳者ツールキット

長文を翻訳するために原文と訳文を直接編集することが可能な翻訳改稿ツールを提供しています。ネイティブの翻訳を必要としている場合は、GengoとTranslated.netといった翻訳ベンダーのサービスを利用できます。

google翻訳_翻訳者ツールキット

利用者の口コミは

”以前ちょっと試した時は、あまりに酷いので、笑いが止まりませんでした。少しは進歩したかなと期待して試してみましたが、相変わらず酷いですね。これじゃ、中学生が英語の宿題をするのにも使えません。"
”Google翻訳が登場した当初は、そのひどい翻訳結果に幻滅したものだが、最近ではかなり精度が向上しているように感じる。”
こんなブログ記事も… http://webdirector.livedoor.biz/archives/52362765.html

翻訳精度は上がっている?

Google翻訳は長い文章を翻訳するためには、「しっかりと主語と述語を記述すること」や、「長文にしない」などの工夫は必要です。「Google翻訳 面白い」などと予測検索される程度には、おかしい自動翻訳をしてしまうみたいですが、膨大なテキストを利用して統計的機械翻訳の精度を高めているようです。また言語のペアによってはすごく精度が高い言語もあるみたいなので、使い方次第では本当に便利なツールと言えますね。

Written by Fukuson

翻訳者 日本語 2013/11/20 21:09:57
併せて読みたい