トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

【仕事編】英文メールのあいさつ・冒頭に使える基礎英語

仕事で英文メールを書くときに知っておきたい「ビジネス的な言い回し」をご存知ですか?
今回はビジネス向けオンラインの翻訳サービスを提供しているConyacで「よく検索される英文メールのフレーズ」をピックアップさせていただきました。


英語では日本ほど尊敬語や謙譲語を使い分けたりしない

日本語の仕事で送るメールは言葉遣いにとても気を遣いますよね。
尊敬語なのか、謙譲語なのか、二重敬語になっていないか、しゃべり言葉になっていないか...など
普段から日本語のビジネスメールでとても丁寧にやりとりされている方は、英語でビジネスメールを送るときも、相手に失礼がない文言を必死に考えると思います。もちろん英語にも丁寧な言い回しはありますが、日本語でひどく気をつけているほどには、ビジネスメールで苦心する必要はないと思います。むしろ、ひどく冗長な文章はビジネスメールにおいては嫌われる場合があります。

では、早速英語のビジネスメールのシンプルな決まり文句を覚えて実践してみましょう。

「はじめまして」の英語

日本語でのビジネスメールのように英語もあいさつから入りますが、その前に大事なのが、日本語の敬称にあたる部分です。

法人向けのかしこまったメールはDear Mr./Mrs. (Ms.)ファミリーネーム,”
フレンドリーなメールならHi ファーストネーム,” 、”Dear ファーストネーム,” で大丈夫です。
ただし英語の場合、肩書きに気をつける必要があります。
例えば、相手が博士号取得者の場合は必ずDr.〇〇と書くようにしましょう。

具体的に相手の名前がわからない場合は

”Dear Sir or Madam,” が使えます。


相手が日本の文化に詳しい人であれば「〜さん」という意味で

”Dear 〇〇-san,” も通じるはずです。

日本語のビジネスメール上の「初めまして」という表現は実は英語のメールではあまり使われません。
メールの最初では、自分を名乗り、何故このメールを送っているかを述べる必要があります。
例えば、

"I am 〇〇 from 〇〇. I am writing to inform you  that 〜" などです。

「ご連絡ありがとうございます」の英語

先方からの連絡に対し英語では

”Thank you for contacting me.” 

”Thank you  for your e-mail.”

”Thank you for getting in touch.” を使います。


お問い合わせがあった場合は

”Thank you for your inquiry.” が使えます。



「いつもお世話になっております」の英語

英文メールには基本的にこのような文言は使いません。余計な文言は抜いて、本題に入るのが普通です。
しかし、本当にお世話になっている人に対して使うとするならば

"It's a pleasure working with you." 

"Thank you always for your cooperation." を使います。

カスタマーサポートなどで何度も対応してもらっている場合には

"Thank you for your continuous support."

と文頭につけると好印象かもしれません。

「何度も申し訳ございません」の英語

英文メールで謝るときは、自分が何に対して謝っているのか明確にすることが多いです。
「何度も(質問して)申し訳ございません。」のようなときは

"I am sorry to keep asking you." が使えますが、


「何度も(お手数おかけして)申し訳ございません。」の意味で謝りたいときは
"I am sorry for taking your time."
"I am sorry to bother you once again." が使えます。

「対応ありがとうございます」の英語

先方が丁寧な対応や素早いレスポンスをしてくれたときは、

"Thank you always for your prompt action." 

"Thank you for your prompt reply as always." が使えます。


「確かに受け取りました」の英語

商品や、郵便物を受け取ったことを先方に伝えるときは、

"I certainly received it." 

"I certainly received the product." が使えます。

番外編「お久しぶりです」の英語

久しぶりに連絡をとる相手とのメールではお久しぶりですと言いますよね。
英語では

”It's been a while.”

”It's been a long time.” を使います。
ビジネス上ではあまり使いませんが、覚えておくといいでしょう。

英文メールの定型文は便利ですが、メールの内容が難しいときや時間がないときはConyacする


日本語でもビジネスメールには定型文があり、それらを覚えておけばコミュニケーションをとることが少し楽になりますよね。それと同じで、英文メールにも定型文があり、それらを覚えることで意外と英文メールに抵抗がなくなります。しかし、先方が少し込み入った話をメールで送ってきた場合や、こちらの伝えたい内容を英語にするのが少し難しい場合もあります。そういったときは定型文で済ませることはできませんので、世界中の翻訳者にすぐに翻訳依頼ができるConyacを利用してみてください。英文メールを必死に考えていた時間を他の仕事のために使えるようになるはずです。
過去にConyacで翻訳されたEメールの対訳を確認することもできますので、ぜひご活用ください。

written by Fukuson
翻訳者 日本語 2014/02/27 13:01:00
併せて読みたい