トップ ニュース 世界遺産 イベント カルチャー 海外情報 インタビュー 語学 テクノロジー 翻訳者 お問い合わせ

サービスの特典にConyacを導入!ジェイグラブ株式会社 山田様

ジェイグラブ株式会社の代表である山田彰彦様にインタビューをさせて頂きました。 購買代行サービス『ジェイグラブ』を運営する、ジェイグラブ株式会社の代表である山田彰彦様にインタビューをさせて頂きました。 10月8日にリリースされた『プレミアム会員』の特典の一つにConyacの『翻訳依頼クレジットのプレゼント』を採用して頂いております。 新サービスの導入により、今後ますます使いやすくなっていくジェイグラブさんの“今”と“これから”を伺って来ました。 ジェイグラブ代表山田氏インタビュー
インタビュアー:梅原文・中野美穂(株式会社エニドア) 写真撮影:中野美穂

【 購買代行サービス『ジェイグラブ』とは? 】

中野
ジェイグラブさんのサービスはどのようなものなのでしょうか?
山田
海外向けの購入代行のサービスです。 日本側から説明すると、ヤフオクさんや楽天市場さんなどの日本の商品を海外の方にみていただき、ジェイグラブの代理購入登録者、シッパーと呼ぶのですが、そのシッパーの方が代理で購入し、海外に発送して頂くというサービスです。 海外側からは、普通のECサイトのように使えるようにしていますね。 海外にもeBayとかamazonとかあるので、そちらで購入できるものは、そちらで購入して頂いて。 そこで購入できない日本独自の商品を掲載するようにして購入頂いています。
中野
どういったものが購入されやすいですか?
山田
多いのは趣味のものですかね。飲料水や文具などの、どこでも買える日常的な消耗品ではなく、趣味系です。 釣り・テニス・ゴルフ・クルマとかの用具・部品類。 女性で多いのは、いわゆるクールジャパン系。アニメ系とかですね。 特にサンリオさんのキティちゃんとか、リラックマなど、ワールドワイドに名前が通っているけど、海外にないものに依頼が集中しています。
中野
確かにFacebookのファンページとか全面的にキティちゃん押しですよね!
J-GrabFanpageジェイグラブFacebookイイネ!69万人
(2013年10月16日現在)
山田
そうですね。もともとは売れそうな商品に絞りつつ、いろいろな商品を紹介していたんです。 しかし運営を続けていくにつれて、どういうわけかサンリオ系、特にキティちゃん系の情報が欲しいという声が多くなっていったんですね。
中野
ということは、そもそもファンページの運営自体、ジェイグラブさんがされているのですか?
山田
そうですね。最初はジェイグラブのスタッフ3名で運営をしていました。 運営を続けていくうちに、「キティちゃんのこのグッズはどこにありますか?」とか「どこで買えますか?」とか、そういった問い合わせが増えてきたんです。 日本国内の話ではなく、例えば「私はワシントンにいます。このキティちゃんの筆箱が欲しいんだけど、どこで買えますか?」という問い合わせがあったりするんですね。
中野
とってもローカルな話ですね!普通だと対応できないと思うんのですが…。
山田
そこまでローカルな話だと、さすがにジェイグラブとしても対応が出来ないのですが、ありがたい事にファンページを沢山の方が見てくれているので、近くの人が、「どこそこのマーケットに行った時に見たよ」とか、「どこそこのモールに行けば売っているはずだよ」とか返事がくるんですね。 そんな話題の中で、「ジェイグラブにも売ってるじゃん」と話が出て来て、送料との兼ね合いを検討するなどして、問い合わせた人が、ジェイグラブを使ってくれたり、紹介された販売店に買いに行ったりする感じですね。
中野
ジェイグラブさんが運営しているファンページなのに、ジェイグラブさんの存在がついでみたいな感じですね!
山田
そうなんです!そんな感じで、お客さん同士のコミュニケーションが出来ていって、気がついたらキティちゃん以外の商品を訴求しても響かない感じになっちゃって(笑) なので、僕らがキティちゃんをマスコットにしようと思って誘導したのではなくて、ユーザーさんたちに引っ張られていく形で今の状態になっていったんです。 最初に運営していたスタッフもキティちゃんに詳しくなくて、いくら他の商品を訴求しても、話題はキティちゃんに行ってしまうんです。 1年くらい前、「どうしようかな」と考えているとき、EUでキティちゃんオタクとして有名な、タータンというロンドン在住の女の子が「私がコミュニティリーダーをやります!」って挙手してくれたんです。 それから、ジェイグラブの公式ブロガーとして活躍してもらっています。
中野
会社HPにブロガーとしてタータンさんのお写真が載っていましたね。
山田
今はタータンが8~9割のキティちゃん情報を集めてくれています。 海外で取れない情報や、日本語でしか取れない情報は、日本のスタッフが補填したりしてバランスを取っている感じです。
中野
彼女が担当してからファンページへの反響への変化もありましたか?
山田
そうですね。現在69万人くらいイイネ!してくれています。 今でも1日3,000人くらいイイネ!が増え続けていて、このままだと年内にはすごい数になりそうですよね! 気がついたら日本でのファンページも15位か16位くらいになっていますね。 そこからジェイグラブに来てくれる人もいるといった感じですね。

【 様々な国に向けての情報発信 】

中野
ブログとFaebookページの使い分けってどうされていますか?
山田
Facebookとブログを両方公開している理由としては単純です。Facebookが閲覧できない国があるからです。反対に、ブログが見られないという国もありますね。 そのため、ブログとFacebookに同じ内容を投稿する必要があるんです。 でもあくまで見られない人に対する補足としての誘導記事みたいなものなので、SEO対策をしっかりしたりとかはしませんね。
中野
なるほど。
山田
最初はあまりFacebookの投稿内容とブログの投稿内容との違いなど、気にせずに運営していたのですが、 「毎朝これをチェックするのが日課になっているのに、見られなくなってしまいました!本当に悲しい、どうにかして!」とかユーザーの女の子からメッセージがきていたようで。それをタータンが「こんなメッセージが来ているからFacebookと同じ投稿をしたり、もっと情報を掲載するブログを始めた方が良い」と提案してくれたのが、始まりですね。 今は、そういうコミュニティの声を聞きながら運営するようにしています。
※ページ下段にリンクあり。

【 バイヤーさんはどこから現れる? 】

中野
新規のバイヤーさんにはどういうアプローチをしていますか?
山田
プレスリリースを打ったり、「今Facebookでイイネが何十万人超えました」とか「こういう商品扱ってます」というような普通のリスティング広告を打ったりしています。 ジェイグラブの海外サイトは、良くあるECサイト然となるようなデザインを心がけました。 バイヤーさんに対しては「普通に買い物をしている」という状態を維持したかったんですね。 そのため、Googleさんなどの検索エンジンで、アクセスを得られるような対策をしています。
海外からみたジェイグラブページ ジェイグラブページECサイト
中野
バイヤーさんのページがどうなっているのかな?と思って検索したのですが、シッパーさんのページしか見つからなかったんですが…?
山田
国内からだと、シッパーさん用のページにしか行けないですね。 http://www.j-grab.com/を海外から繋ごうとすると、バイヤーさん用のページに飛ぶようになっています。日本と日本以外とIPアドレスで分けているんです。
中野
なるほど。日本からのアクセスだけがシッパーページに飛べて、海外からのアクセスだけがバイヤーページに飛べる、ということですね。
山田
その通りです。なので逆に日本のシッパーさんから「海外からジェイグラブにログインしようと思ったら、バイヤー用のページにしか行けないのですが?」とお問い合わせ頂く事がありますね。
中野
その場合どうするんですか?
山田
そのままログイン画面からログインして頂ければ、シッパーさん用のページに紐づいているので、問題なくお使い頂けます。

【 動機はスキルアップ?副業? 】

中野
シッパーさんを獲得するためにどういうことをしていますか? 現在登録者数シッパーさんの方がバイヤーさんより少ないですがどうですか?
ジェイグラブ登録者数
(2013年10月2日現在)
山田
そうですね。バイヤーさんの獲得よりシッパーさんの獲得の方が、基本的には難しいですね。 バイヤーさんの立場からすると、ジェイグラブと他のECサイトの違いといえば、送料の問い合わせがあるかないかといった程度ですから。 シッパーさんがヤフオクで買いましたとか、トラッキング番号つけて、今荷物は日本国内にありますとか、今は自宅近くの運送業者の倉庫にありますとか、そういったステータス表示もされますから、普通に国内で購入するのと代わりがないんです。
中野
なるほど。そこはリスティング広告であったり、どういった商品を訴求していくか、というお話になるわけですね。
山田
ええ。ただシッパーさんの獲得に関しては話が別ですね。 サービス内容として、副業・アルバイトをしたい人が対象となっている部分があるので、実際にシッパーさんに会ってお話を伺っても、セミプロみたいな本気モードの人ばかりなんです。 そう考えると、一般的なサービスとは違って、登録者1万人突破!という単純な形ではないんですね。
中野
シッパー登録数がどんどん増えても良いわけではない、とうことですか?
山田
そうです。WBSで放送されたことや、週刊SPA!『副業ベスト25』に掲載された影響で、登録者数が急激に増えてしまって、依頼を取り合いになってしまっている部分があります。
中野
なるほど、シッパーが多いと依頼が分散してしまう、と。 シッパーさん1人単位の依頼数が減ってしまうということで、「冗談じゃない!」となってしまいますね。
山田
そうですね、そういう本気モードの方が沢山いらっしゃるんです。 商品を購入して送るだけで、手数料として稼ぐ事が出来るという事ですからね。 在庫もいらないし、相手と商品を繋げていけば良いだけですから。
中野
特に在庫リスクを負わなくて良いのは魅力的ですよね。 最近ECサイトの開設も手軽になって来てはいますが、商売として始めるなら在庫を抱える必要がありますしね。 趣味でしたら『売り切れ御免』でもなんの問題もないでしょうけど。
山田
そうですね。あと女性で多いのは「錆ついちゃった英語をもう一度磨きたい」とか、もう少し初心者の方だと、「英語を勉強したい」とか、そういった動機もあるようです。 外資系の会社であれば、日常的に英語でのやり取りが行われますが、普通に働いていたら英語を使う機会なんてほとんどないですし、家庭の中で英語が飛び交うということもないですからね。
中野
確かに、私もエニドアに入るまで英語と触れ合う機会なんてなかったですね…。
山田
ジェイグラブに登録されると、毎日何かしら英語でやりとりをしなくてはならないんです。 送料の問い合わせなど、日常的に届きますからね。 英語を勉強していますとか、磨いていますとか、それを一つのフックにして頂いて、さらにそこからお小遣いも稼げたら、ということで登録いただいています。 ただ、今はシッパーさんとバイヤーさんの登録者数のバランスが良くないので、バイヤーさんを獲得するために海外でプロモーションを打っていますし、これからも打っていく予定です。

【 初心者へのサポート体制 】

中野
実は、山田様へのインタビューが決まってから、私もジェイグラブに登録してみました。 だいたい、30分から1時間で指示されるままに登録が出来ました! ただ「さてその後、どうなるのだろうか」「手数料を自分で決められるみたいだけど、どれくらいが相場なんだろう?」と悩んでいたのですが、登録して間もない方からの問い合わせに関しての対応はどうされていますか?
山田
改善点のひとつではあるのですが、現状ではヘルプには情報がそんなに載っていない状態です。 ただ問い合わせベースではひとつひとつ丁寧に応えるようにはしていますね。
中野
掲載するというより返信をするということですか?
山田
そうですね。個人ベースで返信しています。 というのも、例えば手数料は何%と掲載してしまうと、例え『例示です』と記載したとしても、みんなさんその手数料比率に設定してしまいますよね。 でもみんなが同じになってしまうというのも、良くないなと思うのです。 なので、問い合わせに対しては「こういう方もいるし、こういう方もいますよ」とご説明するようにしています。
中野
手数料比率も依頼を受けるためのテクニックの一つということなんですね。
山田
たまに評価がゼロの状態にも関わらず、手数料比率の設定が高い方から「依頼が来ないんだけど」と問い合わせをもらったりもするのですね。 ヤフオクさんなどで自分が購入する際に、あえて評価がゼロの人を選ぶかどうかを考えて頂ければ、どうして依頼が来ないか、理解しやすいと思います。 「相手の立場になって頂いて、評価の低いときは手数料を低く設定した方が、依頼が入る確立が高いですよ」というようにお話していますね。
中野
そうですよね。評価はそのまま信頼性につながりますからね。
山田
そうなんです。そうお話させて頂くと「あぁ、なるほど!」みたいな感じで、後日「手数料比率を下げたら注文がくるようになりました!」とお返事を頂いたりもします。 そこから取引件数が増えて、評価が上がっていくにつれて手数料比率を上げていくという方が多いです。 評価が100を超えているようなシッパーさんたちは、10%を超える手数料をつけている人もいますよ。
中野
1割ですね!
山田
それでも評価が100超えていると、どんどん注文が入ってくるので、きちんとビジネスになりますよね。 そういうトップシッパーの方の成功例をお伝えしていたりします。
ジェイグラブ社内風景
(ジェイグラブ社内風景)

【 情報発信の肝は円滑なコミュニケーション 】

中野
ユーザーさん同士のコミュニティとか用意しているのですか?
山田
現状はありませんね。なので、近日リリースするプレミアム会員様向けにセミナーを開催しようと、準備をしているところです。 シッパー同士の横のつながりを作って欲しいという要望は、かねてから頂いてます。特に始めたばかりの方はすごく孤独なので 、少しでも情報が欲しいという事で、横のつながりが出来る場を希望されますね。
中野
確かに孤独でした(笑)
山田
他にも、仮に自分が依頼に応えられないときに、他のシッパーさんにその依頼をお願いできるようにして、シッパーを組織として運営した方が良いのではないか、というご意見も頂いています。
中野
その方々の熱意からすると、本業としてジェイグラブでの依頼を受けたい、ということでしょうか?
山田
いえ、副業としてという方からのご連絡が多いです。 「月に30万円とか40万円とか稼ぎたいというよりは、副業として5万円から10万円くらいは稼ぎたい」とか、「それだけ稼ぐくらいの時間はあるんです」とかそういった方ですね。
中野
月5万円から10万円というのも、充分魅力的ですからね。
山田
そうですね。それに折角始めて頂けたなら、しっかり目標金額くらいは稼いで頂きたい!そういう気持ちが私としてもあるんです。 もっと言えば、稼げるようにしていかなくては、と思っているんですね。 なので、上位シッパーさんの成功体験も聞いて頂きたいんです。 上位の方には、やはりそれなりのテクニックがありますからね。 例えば、ジェイグラブ外の商品を頼まれたときにどのように対処するか、コミュニケーションで詰まってしまったときにはどうするのか、相手先のPayPal口座にお金が入っていなくて、決済が出来なかったときはどう対処するべきなのかとか…。 そういう細かい情報を含めて、もっと伝えていかないといけないなと思っています。
中野
上位シッパーさんは細かい事まで、対応をされているんですね!
山田
そうなんです。ただ買って送るだけではなくて、日本の独特なおもてなしの精神とかで成功されているようです。 特に上位になっている方は、すごい心を込めてやって頂いています。 そういうのをセミナーでお伝えしていきたいですね。
中野
とても実践的で興味深いお話ですから、是非聞きたいですよね。
山田
あとは、ジェイグラブ内の活動だけではなく、シッパーご本人がj-Grabの海外プロモーション機能※を使って情報発信してくれたりもするんです。 「こんな日本の面白い商品がありますよー。代理購入ビジネスを行っているので、ジェイグラブで注文してくれれば世界中に送りますよ!」とか。 ※プレミアム会員限定機能
中野
営業活動をされているんですね!
山田
お話を伺うと「そこまでやらないとだめだ」って仰いますね。 情報発信されている方は、実際にアクションをもらっていますから。 ジェイグラブ側で、シッパーさん個人個人の営業活動までは出来ないですが、皆さんも試してみてはいかがでしょうか?と提案出来たら良いなと思っています。ただ、情報発信するときには、やはりきちっとした英語で文章を書かなくては効果はないんです。
中野
あえて『情報発信』をするわけですからね。
山田
例えばプロフィール画面にしっかりと内容のある文章を載せようとすると、機械翻訳では品質的に良くないんですね。 ただの取引であれば、「買った届いた」と単純な流れなので、意味が通じさえ良いです。しかし、営業活動としては非常に難しい。 なので、シッパーさんの中には、ご自分でConyacさんを探し出して使われている方も多いです。逆に自動翻訳で上手く出来ているという人が、上位シッパーにはひとりもいませんね。
中野
ひとりも、ですか?!
山田
「機械翻訳使って、全く英語分からなくて、全部日本語でやり取りしていて、それでこんなに依頼が入っています!」っていう方は皆無です。 英語力に自信のない方はConyacさんのようなクラウドサービスを使うか、友達に頼むか、と工夫をされていますね。 必ず、成功されている方は「人の手による英語文」でやり取りをしています。 シッパーさんのほうから、「だめですよ、機械翻訳じゃ!」なんて言われたりもするんです。
中野
機械翻訳の限界があるということですね。
山田
そうですね。そういったことも、シッパーの皆さんに伝えていかねばと思っています。 なので、エニドアさんからお話を頂いたとき「これはほんとに良いな」と思いました。
中野
ありがとうございます! 機械翻訳も気軽で便利で、良い面も沢山ありますが、やはり人が介在した文章とは比べものにならないと、私達も思っています。
山田
そうですね。たまたま舞い込んだ依頼を月に1、2件取引する程度のライトユーザーさんには、機械翻訳で充分です。 ただ、本気の方に対しては「では本気でやりましょう!」ということを伝えていかなくてはならないですよね。 ビジネスとするのであれば、そんな軽いやり取りでは足りないですから。
中野
そういう「本気の方」のためのフォロー体制を作らなくては、ということですね。
山田
えぇ。新しくリリースした「プレミアム会員」に登録されているシッパーさんは全員、本気でやられている方ばかりですからね。 これから新しくプレミアム会員になられる方も、そうでしょう。 そうなると、「機械翻訳だけで良いや」ということでは通用しないんです。 そこでConyacさんをご紹介し、使って頂いて、それによりシッパーさんも売上を伸ばして頂いて、さらにバイヤーさんが沢山使ってくれればいいなと思っています。
中野
沢山ノウハウを教えて頂いていますが、大丈夫ですか?インタビュー記事として公開されてしまいますが…。
山田
大丈夫です(笑) もちろんシッパーさん同士、競合もいっぱいいるので、ノウハウを教えたくないという方もいらっしゃいます。 ただ上位数名になってくると、「ノウハウを教えたとしても、それを実践できる人なんて、ほんのひと握りもいないでしょう」という感じなんです。
中野
知るのと実際やるのとでは全然違いますもんね。
山田
そうなんです。今日からやりますっていっても絶対出来ないですからね。 第一回目のセミナーで、女性と男性ひとりずつ体験談を話して頂く予定なのですが、ノウハウを公開する事を全く問題視されていないんです。「まねされたり大丈夫ですか?」と訪ねたのですが、「全然大丈夫です!そうそう真似なんて出来ないですからね」って笑って仰っていました。
中野
すごい余裕ですね!
山田
こちらとしては、ありがたい限りですけどね!
中野
でも実際に成功された方が、セミナーで今までのその体験をお話頂ければ、初心者のシッパーさんも自信をもったり、自分なりのやり方をつくっていただいたりとかできますしね。 セミナー以外ではなにか検討されていますか?
山田
先日、私が上位のシッパーさんと意見交換をさせて頂いたときには、掲示板のようなものを用意してほしいという話がでましたね。 ただ、掲示板の内容が初心者の方からの質問で溢れても良くないので、プレミアム会員様向けにしようかと現在検討しています。濃い内容の情報交換が出来る場にしたいと考えています。
(ジェイグラブ)山田氏(2)

【 プレミアム会員とは? 】

中野
先ほどからお話には出ているのですが、そもそもプレミアム会員になると、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
山田
はい。以下が、プレミアム会員の特典とメリットです。
 

◆ 10の会員特典&メリット ◆

 

1. 格安国際配送会社(最大70%OFF)&商品倉庫提供

2. シッパー選択画面の優先上位表示 3. プレミアムアイコンの表示 4. 翻訳クラウドサービスConyacの提供 翻訳依頼クレジットをプレゼント 5. 海外バイヤー向けメールマガジンで紹介 6. シッパー向けメールマガジン 7. j-grabオフィシャルシッパーへのランキングアップ 8. PayPal決済エラーになった方のご紹介 9. SKYPE英会話特別特典 10. Amazon商品を取り扱えるようになります(Beta版)
中野
沢山ありますね!この中で一番のシッパーさんに喜んでもらえそうな特典はどれになりますか?
山田
そうですね。3の「 j-Grab格安配送会社(最大70%OFF)&商品倉庫の提供」ですね。国際送料がすごく安くなるので、そこに加入の目的が集中しています。郵便局さんも安いようで安くないというか、大きい荷物になってしまうと、急に送料が上がってしまうんです。それが最大で7割くらい安くなりますので。
中野
7割は大きいですね。
山田
ええ。あと、運べないものの縛りがなくなるのも大きいですね。
中野
そもそも縛りがあるんですか?
山田
150cmを超えると郵便局さんは運んでくれないんです。でもちょっと長めの釣り竿とかだと、折り畳んでも160cmくらいになってしまって、郵便局さんから送れないなんて事もあるんです。 しかも、国によって送る事が出来る規程の長さがマチマチなんですよ。ある国だったら125cm以内であったり、また他の国では160cm以内であったり。
中野
そんなに違うんですか!
山田
でもプレミアム会員では、飛行機の貨物搬入口に引っかからない大きさであれば、なんでも大丈夫なんです。 あと、代理で購入する際に、ジェイグラブの物流センターへ直接送って頂けるので、今までのように自分の家に送らなくて良くなります。
中野
え?直接送ってもらえばいいんですか?
山田
そうです。WBSの取材があったときは、購入したものを自宅に送ってもらい、それを郵便局とかに持ち込んでもらっていたのですが、その作業がなくなります。
中野
プレミアム会員をリリースするにあたって、ジェイグラブさんの方で物流センターを確保してということですか?
山田
そうですね。テスト稼働に3ヶ月必要という事だったので、既に何人かのシッパーさんにプレミアム会員にのテスト登録をして頂いて、まさに今稼働している状態です。 これはすごく好評ですね!皆さんかなり使っている、というかもうほとんど直接配送を利用されています。 オークションで購入する場合など、おかしな梱包で届く場合もあるんです。 今までだと、シッパーさんの方で再梱包しないといけなかったんですけど、これが結構面倒な作業だそうで。 直接配送をして頂ければ、倉庫におかしな梱包のまま届いたとしても、提携先の方がきちんとした箱で梱包して下さって、ラベルを貼って出荷してくれるんです!
中野
すごーい!
梅原
山田
しかもそれで送料が郵便局さんよりも安いので、使わない理由がないんですよね。依頼件数の多いシッパーさんによっては、家が不在票だらけになっちゃったり、荷物が沢山届いたりで、家の中がごちゃごちゃになってしまっていたらしいのですが、このシステムをご利用頂ければ、そのような事は一切なくなりますからね!
中野
確かに使わない理由がないくらい便利ですね!
山田
自分で言うのもなんですが、やっぱり便利ですよね。ぼくらも一部高額商品を送る場合があるんですが、本当になにもやらないので楽です。 提携先からちゃんとパッケージングの写真を送ってくれたり、インボイスもきちっと作成して送付してくれますし、相手国によっては送ってはいけないものもあるのですが、それらもきちんと調べてプロテクトしてくれますしね。
中野
安心感がありますね。
山田
そうですね。なのでゆくゆくは、ほとんどの取引がこちらに移行するのではないかな、と思っています。
中野
そうですよね。物も増えない、手間もない、安心感もある。 先行して使われている皆さんは、喜んで下さっているんじゃないですか?
山田
ユーザーの方からは「最初からこうしておけば良かったのに!」っていうお叱りを受けました(笑)
梅原
でもそんなすてきな内容であれば、その便利さがシッパーさん同士の横のつながりで広がっていけば、使いたいという人はどんどん増えていきそうですね。
山田
そういうシッパーさんの生の声も、WEB上できちっと表現できればと思っています。セミナー後に、その辺に着手出来ればなと思っています。

【 1年でシッパーさんの動機が変わった理由は? 】

中野
2012年8月に受けられたスマビ総研さんのインタビュー記事によると「将来的には、EC取引だけではなく、昔でいうペンパルのコミュニティを形成したいそうだ。実際、既存ユーザーからも会話が活発になるような仕組みがほしいとの声が多数挙がってきており、そうした要望に応えるべく、海外の人と日本人とがつながれる仕組みを検討している」との事でしたが、あれから1年経ってどう変って来ましたか?
山田
そうですね。サービスをリリースした当初は、確かにペンパル的な、国際交流を楽しんで下さっているシッパーさんが多くいらっしゃいました。 バイヤーさんと取引をしたあとも、商品とは関係のないメールのやり取りを続けていたりする方も多かったです。そしてバイヤーさんが日本に来たときには、観光案内してあげたり、旅行に連れて行ってあげたりとかする方もおられました。逆にシッパーさんが日本から海外に行ったときに、そのバイヤーさんをあてにされたりとか。CtoCらしい感じだったんですね。 ただ最近はビジネス目的で登録される方が増えた印象です。 特にWBSやSPA! に掲載して頂いてからは顕著ですね。
中野
やはり副業色が強くなっていますか?
山田
そうですね。「月に5万円稼げるぞ!」、という印象が強く映ったようです。しかも商品に対する専門知識もいらないというお話も出ていましたしね。
梅原
WBSの切り口がそうだったんですか?
山田
いえ、どちらかというとCtoCという切り口で特集を組んで頂いたんですが、一番響いたのは「副業」という部分だったのでしょうね。 特に「楽」というのが本当に響きやすかったんでしょう。 「購入依頼がきて、それを買って送ればいいだけだ」と、みなさん受け取られたようで。良く観てるなと思いましたね!少し驚きました。

【 プレミアム会員と一般会員? 】

中野
バイヤーさん側から見て、プレミアム会員と一般会員との違いが分かるんですか?
山田
分かります。プレミアム会員様にはIDの横にバッチがついています。
プレミアム会員バッジ参考イメージ
中野
その場合、プレミアム会員ではない人にお願いする理由が減ってしまうと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?
山田
おそらく評価に依存するでしょうね。プレミアムシッパーだけど評価ゼロの人と、プレミアムシッパーじゃないけど評価が500ある人だったら、どっちにお願いしたいですか?
中野
なるほど。評価が500の人にお願いすると思います。
山田
バイヤーさんがシッパーを選ぶときには、評価と、送料の金額をみて、さらにそこから円滑にコミュニケーションを取れる人を優先させているという感じですね。
中野
そういうときにConyacを使って頂ければという事ですね!
山田
そういう事です!やはり、依頼を沢山受ける為には円滑なコミュニケーションが大切ですね。

【 これからのジェイグラブ 】

梅原
プレミアム会員のサービスをリリースされる以外でなにか行っていこうと予定されていることはありますか?
山田
やはりセミナーの開催ですね。第一回がどうなるか、少し緊張しています。
中野
私もいちシッパーとして参加させてもらいますね!
山田
やめて下さい(笑)多分冷や汗でいっぱいになっていると思いますよ! あとは、やはりバイヤーさんを増やしていく事ですね。 今は比率的にシッパーさんに偏っている状態ですので。
中野
比率としてはどれくらいが丁度良いと考えられていますか?
山田
シッパーの数に対して10倍くらいのバイヤーさんがいれば、シッパーのみなさんに依頼が行き渡るのではないかと考えています。 ほんと忙しいくらいにしてあげたいので。初心者の方でも5万円くらいは稼げるようにしたいですよね。
中野
たしかに、上位のシッパーさんがいても、そのシッパーさんの手から溢れ出たものは、その下のシッパーさんへ流れていきますからね。
山田
そう言う事です。 でも既に上位の方々は、単価の低いものは断っていたりしますしね。
中野
上位の方はもう狙っているところも明確にされているんですね。
山田
そうです。もう受ける依頼の単価を決めていて、キャラクターもののお弁当箱800円の依頼とかは断っているんですよ。 そういう依頼を、初心者の方が受けて、評価が上がって、熟練度も上がって、いずれは上位シッパーさんになれば良いなと思っています。 そういう方が増えていき、循環出来るような、より良いサービスにしていきたいですね!

【 インタビューを終えて 】

ジェイグラブアンディジェイグラブ株式会社の代表である山田さんは、とてもユーザーさんを大切にされている方で、定期的に直接意見を聞かれており、ひとつひとつの問い合わせにもしっかりと対応されていました。 上位シッパーさんの工夫や、細かい心配りなど、沢山聞かせて頂きましたが、そのホスピタリティには非常に驚かされるものがあります。その細やかなシッパーさんの希望を叶えるために日々努力されている山田さんも同じく、おもてなし精神の塊のような方です。 失敗談などを交えて面白おかしくお話いただき、しかも帰りには鞄に入りきらないほどの、外国製のお菓子までお土産に頂きました! 新しくリリースされた「プレミアム会員」の内容も、ユーザーさんがいかに便利になるかに焦点を当てた内容になっています。是非、登録してConyacを使って、異文化交流を楽しみつつ、お小遣い稼ぎをしてみて下さい。 ジェイグラブアンディ ジェイグラブ 運営ページ *Facebook : http://www.facebook.com/jgraben *Blog: http://kawaiiblush.blogspot.com/ *Tumblr : http://kawaiiblush-jgrab.tumblr.com/ *Pinterest : http://pinterest.com/jgrabinc
インタビュー 日本語 2013/11/14 16:38:00
併せて読みたい