Displayed are the past translation results requested in Conyac.
Conyac, the 24-hour crowdsourced translation service.

[Translation from English to Japanese ] Health chiefs say average commuter adds 767 calories a week snacking The habi...

Original Texts
Health chiefs say average commuter adds 767 calories a week snacking
The habit could be damaging the health of millions of commuters
Findings emerged in report published by Royal Society of Public Health
Grabbing a croissant on the way to work may seem convenient – but it could be adding inches to your waistline.
Health chiefs calculate that the average commuter adds 767 calories per week to their diet by snacking to and from work.
The habit, which adds the equivalent of three Mars bars weekly, could be damaging the health of millions and even shortening commuters' lives, according to a report published today by the Royal Society of Public Health. More than 24million people in England and Wales commute to work, with an average round- trip time of 56 minutes, rising to 79 minutes in London.
RSPH polls suggest 33 per cent snack en route, with 29 per cent going to fast food restaurants on their way to or from work.
The organisation's Health in a Hurry report also finds that travelling to work by rail, bus and car is linked to increased stress, higher blood pressure and weight, and reduced time available for healthy activities such as cooking, exercise and sleeping.
It calls on more employers to allow staff to work from home, with more flexible working hours to avoid rush hour.
Some 58 per cent of the 1,500 Britons polled felt that flexible hours would improve their health.
Shirley Cramer, RSPH chief executive, said: 'For some, the daily commute can be a pleasurable experience, giving time for reflection or an opportunity to relax, but for an increasing number it is having a damaging effect on our health.
'As the length of our commute increases, this impact is getting worse.'
Commuting adds 800 calories a week to our diet turning the rat race into the fat race
ka28310 Translated by ka28310
健康責任者が言うには、平均的な通勤者は、間食によって一週間に767カロリーを過剰に摂取している、とのことです。
間食の習慣が何百万人もの通勤者の健康を損ねかねないのです。
ロイヤル・ソサエティ・パブリック・ヘルスが出版したレポートにこの発見のことが報じられた。
クロワッサンを通勤途中に食べるのは便利で手軽なように見える、- が、あなたのウエストのサイズを1インチ上乗せしかねないのです。
健康責任者は、平均的な通勤者は自宅と会社の行き帰りに食べる間食によって一週間ごとに767カロリーを過剰摂取している、と算出しました。
ロイヤル・ソサエティ・パブリック・ヘルスが今日発行したレポートによると、この間食の習慣は、3本のマーズ・バイを毎週食べるのと等価なカロリーを摂取することになり、何百万人もの人の健康を脅かし、さらには通勤者たちの寿命を短くしかねない、ということです。
イギリスとウェールズ地方の2400万人以上の通勤者が平均的して通勤の往復に費やす時間は56分であり、これがロンドン近郊になると79分と高くなります。
ロイヤル・ソサエティ・パブリック・ヘルスは調査を行い、33パーセントの人が通勤の途上でスナックを食べ、29パーセントの人が会社と自宅の間でファーストフード・レストランに行く、という結果を得ました。ロイヤル・ソサエティ・パブリック・ヘルスの「ヘルス・イン・ア・ハリー」という報告では、列車、バスおよび自家用車での通勤はストレスの増加、高血圧、肥満ともリンクしており、クッキングや運動、および睡眠などの健康維持のための時間が減少することにもリンクしているとのことです。そのレポートは、雇用者に対し、従業員に在宅で労働したり、ラッシュアワーを避けるためにもっと柔軟な勤務時間体系を敷くようにするべきだ、との提言を行っています。
調査の対象となった1,500人のブリトン人の58%余りの人は勤務時間が柔軟になれば、健康増進に役立つ、と感じています。
ロイヤル・ソサエティ・パブリック・ヘルスの最高責任者のシャーリー・クレイマーは次のように言いました:「毎日の通勤が楽しい経験になる、という人も多少は存在することでしょう。いろんなことを熟考したり、逆にリラックスする機会ともなりますから。しかし、私たちが健康な毎日に向けて重ねている努力を損ねる作用の方が大きくなっています。」
「通勤時間が伸びるにつれ、その悪影響は深刻になっていく。」
通勤に伴う間食は週に800カロリーを私たちの食生活に上乗せしていくことになり、ラット・レース(出世競争)をファット・レース(脂肪競争)に変えてしまっている。

Result of translation in Conyac

Number of characters of requests:
1774

Translation Language
English=>Japanese

Translation fee
$39.915

Translation time
about 1 hour

Freelancer
Starter (High)
I have been working in semiconductor system LSI design and verification business field for many years.
I will try my best to translate Japanese/En...

Conyac translation costs USD$0.015 ~ per 1 character.
For translations into English, Japanese, Chinese, and 66 other languages we have 121,000 translators ready to handle your request.
Just three steps until your request is complete!! (approx. 3 mins.)